民主党代表選、「僅差」がもたらす影響とは?

決選投票での票差は7票差

1月18日、代表選出後の会見を行う岡田克也新代表(撮影:尾形文繁)

1月18日午後に東京都内のホテルで行われた民主党代表選では、岡田克也氏が新しい代表に選ばれた。同氏は2004年から2005年まで代表を経験しており、およそ10年ぶりの再登板ということになる。

しかし、岡田氏選出までの道程は、楽勝だったとは言いがたい。第1回目の投票は、長妻昭氏が168ポイント、細野豪志氏が298ポイント、岡田克也氏が294ポイントで、細野氏が僅差で1位となっている。

ただ過半数に達していないため、上位2名による決選投票に。その結果は、細野氏が120ポイントで、岡田氏が133ポイント。国会議員票は1人につき2ポイント、参院公認候補票は1人につき1ポイント与えられるため、細野氏に入れたのは60名で、岡田氏に入れたのは67名になる。つまり、わずか7名の差だった。ということは4名の票が動くだけで代表の顔は変わっていたのである。

決選投票では長妻票が大きく分裂

1回の投票では終わらず決選投票になることは、事前に予想されていた。岡田氏は前日の17日、長妻氏を支持する赤松広隆氏に会い、決選投票の場合に支援してくれるように求めている。だがそれは、うまくいったとはいいがたい。

というのも、第1回投票で長妻氏に投票した国会議員は37名だったが、決選投票に岡田氏に入れたのは、そのうち約半分に過ぎないからだ。一方で、第1回目の投票で長妻氏に入れながら、決選投票で細野氏に入れた議員も、およそ3分の1いた計算になる。

次ページなぜ細野氏支持も多かったのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT