世界の外貨準備で見逃せない「ドル比率の低下」 ロシア制裁から「ドル抜きの未来」を考える国も

印刷
A
A

国際通貨基金は四半期ごと各国が保有する外貨準備の構成通貨データを公表している。そのデータでドル比率が断続的に下がり続けていることが話題になっている。

IMFが公表しているあるデータが話題になっている(撮影:梅谷秀司)

特集「ウクライナ危機で揺れる世界経済」の他の記事を読む

3月31日にIMF(国際通貨基金)は各国が保有する外貨準備の構成通貨データ(COFER)を公表した。このデータは四半期ごとに公表されるが、為替市場を中長期的に展望するうえで重要なデータであるため、筆者は必ず確認している。

COFERのデータによると、世界の外貨準備は2021年12月末で12兆9373億ドル。うち通貨への割り当てが報告されているものは12兆0505億ドルで、前期比プラス800億ドルと3期連続で増加した。

2021年10~12月期の期末と期初を比較すると、アメリカの10年金利は1.3%程度から1.5%程度へ0.2%ポイント程度の上昇にとどまったものの、名目実効ドル相場(NEER)は1.8%の大幅な上昇だった。したがって、価格効果でドル建ての外貨準備は膨らみ、その分、非ドル通貨建ての外貨準備は価格効果で目減りした可能性がある。

そのため、ドル比率の上昇が予見されるところであったが、実際は低下が確認された。それだけドルを売却するという数量要因が作用した可能性が疑われる。以下、確認してみよう。

目立つドル比率の低下

COFERデータではドル比率が断続的に下がり続けていることが話題になっている。2021年12月末時点のドル比率は58.81%と2020年12月末の58.92%を割り込み4四半期ぶりに統計開始以来の最低水準を更新した。ちなみにドル比率は2020年12月末以降、5期連続で60%を割り込んでいるが、このような動きも過去に類例がない。

また、10~12月期に比率を落としたのはドル(59.21%→58.81%でマイナス0.40%ポイント)と円(5.69%→5.57%でマイナス0.12%ポイント)だけ。この分が他通貨に満遍なく分配された格好になっている。「ドル安下でも円安になる」という昨今の地合いと整合的だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ウクライナ危機で揺れる世界経済
アメリカは「痛み覚悟」の経済制裁を発動できるか
中林美恵子・早大教授に聞く「ウクライナ危機」
プーチン大統領がもくろむ「世界秩序」の変更
笹川平和財団の畔蒜泰助氏が「ロシアの論理」を解説
ロシア経済制裁で注目される「SWIFT」とは何か
中島真志教授に聞く「制裁」の実効性とその限界
ロシアへの「SWIFT遮断」は経済に何をもたらすか
6つのポイントで経済・金融情勢の影響を整理する
ロシア「ウクライナ侵攻」の原因、誤算、今後の焦点
大和総研・菅野ロンドンリサーチセンター長に聞く
ロシア「経済制裁」で原油・ガス供給はどうなる
日本エネルギー経済研究所の栗田抄苗氏に聞く
ウクライナ戦争で米国の安全保障戦略は変わるか
慶應大学の中山俊宏教授に聞くアメリカの今後
急変する世界経済、注視すべき「3つの経済指標」
為替、金利、インフレ率の動向がますます重要に
JT、「利益の2割」を稼ぐロシア混迷の深刻影響
現地製造で用いるたばこ葉に輸入停止の可能性
ウクライナ危機は過去の石油ショックを超すか
『新しい世界の資源地図』著者のヤーギン氏に聞く
「原油爆騰」を冷静にみるべきいくつかの理由
ウクライナ侵攻をきっかけに、過去最高値に迫る
「ウッドショック」に拍車?ウクライナ危機の波紋
経済制裁や物流逼迫で木材価格はさらに高騰も
日系自動車メーカー「ロシア対応」の次に迫る懸念
生産や輸出の停止を決めただけでは済まない
ユニクロ「ロシア休業」へ、迫られた過酷な踏み絵
ロシアは苦戦する欧州の足がかりだった
「西側vs.ロシア」で人民元、暗号資産は漁夫の利か
ウクライナ危機が招いた「金融戦争」の行方
ウクライナ戦争の影で中国が手に入れる「利権」
欧州、ロシアに詳しい蓮見雄・立教大学教授に聞く
ウクライナ戦争は世界の経済覇権をどう変えるか
「敵対的な経済圏」の併存を生む可能性も
ニッケル暴騰で1200億円借りた専門商社の懐事情
鉄鋼商社の阪和興業、デリバティブ取引が裏目
世界の外貨準備で見逃せない「ドル比率の低下」
ロシア制裁から「ドル抜きの未来」を考える国も
乱高下した「原油価格」はここからどう動くのか
世界的エネルギー専門家、ヤーギン氏の見立て
ウクライナ戦争で顕在化した「世界秩序の崩壊」
覇権国が力を失い新興国と争う混乱の時代に
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内