ウクライナ戦争の影で中国が手に入れる「利権」 欧州、ロシアに詳しい蓮見雄・立教大学教授に聞く

印刷
A
A
ロシアに対する経済制裁から人民元の決済が増える可能性も(編集部撮影)

特集「ウクライナ危機で揺れる世界経済」の他の記事を読む

ロシアによるウクライナ侵攻で経済制裁が拡大。また、停戦協議はまとまらず戦況は長引き、泥沼化の様相を呈している。Gゼロ(リーダーシップ不在)の中で世界経済の構造は変わりつつあるが、ロシアによるウクライナ侵攻はこれに拍車をかける。
冷戦時代からロシアと欧州の経済を見てきた立教大学の蓮見雄教授に話を聞いた。前編は長期的な各国経済への影響、インタビューの後編は世界経済と覇権をめぐる問題を取り上げる。

 

――停戦協議がまとまらない中で経済制裁も拡大しており、ロシアのみならず世界経済、とりわけ欧州への影響も大きくなりそうです。

世界経済のあり方が大西洋から太平洋へと構造的に変わる過程で、そうした変化に伴う争いは遅かれ早かれ起きると思っていたし、実際に米中対立が起きている。それが欧州とアジアの間に位置するロシアの行動に影響するとは思っていた。

しかし、それが軍事侵攻という犠牲の大きい形で起きてしまったことは大変に遺憾だ。中国の存在がなければ、ロシアもこのような危険な賭けを思いとどまったかもしれない。同時に、冷戦後の西側資本主義陣営のやり方にも問題がなかったのだろうか、少し立ち止まって考えてみる必要がある。

ロシアが音を上げるかは疑問

ロシア経済への打撃はもちろん大きい。プーチン大統領は3日ほどでウクライナの制圧を終えて、戦闘は長期化しないことを前提にしていたのかもしれない。

はすみ・ゆう/1960年生まれ。東京外国語大学ロシア語科卒。ソビエト連邦・ロシア経済から欧州経済、エネルギー政策まで研究。立正大学教授を経て2017年から現職。著書に『沈まぬユーロ』(共著)など(写真:本人提供)

2008年、ブカレストのNATO(北大西洋条約機構)首脳会議コミュニケにウクライナとジョージアが「NATO加盟国となる」との文言が書き込まれた。ちょうどこの前後から、プーチン大統領は欧州だけでなくロシアの東方への石油やガスの供給を進めてきた。2007年に東方ガスプログラムを公表、その前年から東シベリア・太平洋石油パイプライン(ESPO)の建設を開始し、2010年には大慶支線が完成、2012年にESPO全線が稼働し、アジアに石油を輸出できる基幹パイプラインが動き出した。サハリンからの液化天然ガス(LNG)の出荷が始まったのも2009年だ。

こうして、ロシアは、石油の4分の1を、さらにガスもある程度はアジア・太平洋向けに輸出できる体制を整えた。2014年のウクライナ危機後に始まった中ロをつなぐ「シベリアの力」ガスパイプラインも2019年に稼働している。

1998年の金融危機をきっかけに、ロシアは外貨準備の積み上げや国民福祉基金の充実を図ってきた。また、2014年のクリミア占領に伴う制裁もあって、脱ドル化を図ってきた。外貨準備は2021年6月末で約6300億ドルあるが、ユーロが約32%、金22%、ドル16%、人民元13%、ポンド6.5%でドルを減らしてユーロ、金、人民元を増やしてきた。もっとも、その6割は制裁で凍結されてしまったようだ。国民福祉基金は約1800億ドルあり、GDPの12%と規模は大きく、そのかなりの部分が中国債だとみられる。

やはり、外貨収入を絶たれてしまえば、苦しくなる。輸出業者に対する外貨収入の強制売却という話を聞いたとき、1990年代を思い出した。ロシアはソビエト連邦崩壊後も、1998年の金融危機の後も物々交換の現物経済が復活した。

今の若い人がそれに耐えられるのかはわからないし、ロシアでも反戦運動が高まっている。何より、日々の生活の悪化が政権への不満を強めるだろう。ただ、ロシアは攻めには弱いが守りには強い。経済制裁で簡単に音を上げるとは考えないほうがよい。

――資源開発からの西側企業の撤退も相次いでいます。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ウクライナ危機で揺れる世界経済
アメリカは「痛み覚悟」の経済制裁を発動できるか
中林美恵子・早大教授に聞く「ウクライナ危機」
プーチン大統領がもくろむ「世界秩序」の変更
笹川平和財団の畔蒜泰助氏が「ロシアの論理」を解説
ロシア経済制裁で注目される「SWIFT」とは何か
中島真志教授に聞く「制裁」の実効性とその限界
ロシアへの「SWIFT遮断」は経済に何をもたらすか
6つのポイントで経済・金融情勢の影響を整理する
ロシア「ウクライナ侵攻」の原因、誤算、今後の焦点
大和総研・菅野ロンドンリサーチセンター長に聞く
ロシア「経済制裁」で原油・ガス供給はどうなる
日本エネルギー経済研究所の栗田抄苗氏に聞く
ウクライナ戦争で米国の安全保障戦略は変わるか
慶應大学の中山俊宏教授に聞くアメリカの今後
急変する世界経済、注視すべき「3つの経済指標」
為替、金利、インフレ率の動向がますます重要に
JT、「利益の2割」を稼ぐロシア混迷の深刻影響
現地製造で用いるたばこ葉に輸入停止の可能性
ウクライナ危機は過去の石油ショックを超すか
『新しい世界の資源地図』著者のヤーギン氏に聞く
「原油爆騰」を冷静にみるべきいくつかの理由
ウクライナ侵攻をきっかけに、過去最高値に迫る
「ウッドショック」に拍車?ウクライナ危機の波紋
経済制裁や物流逼迫で木材価格はさらに高騰も
日系自動車メーカー「ロシア対応」の次に迫る懸念
生産や輸出の停止を決めただけでは済まない
ユニクロ「ロシア休業」へ、迫られた過酷な踏み絵
ロシアは苦戦する欧州の足がかりだった
「西側vs.ロシア」で人民元、暗号資産は漁夫の利か
ウクライナ危機が招いた「金融戦争」の行方
ウクライナ戦争の影で中国が手に入れる「利権」
欧州、ロシアに詳しい蓮見雄・立教大学教授に聞く
ウクライナ戦争は世界の経済覇権をどう変えるか
「敵対的な経済圏」の併存を生む可能性も
ニッケル暴騰で1200億円借りた専門商社の懐事情
鉄鋼商社の阪和興業、デリバティブ取引が裏目
世界の外貨準備で見逃せない「ドル比率の低下」
ロシア制裁から「ドル抜きの未来」を考える国も
乱高下した「原油価格」はここからどう動くのか
世界的エネルギー専門家、ヤーギン氏の見立て
ウクライナ戦争で顕在化した「世界秩序の崩壊」
覇権国が力を失い新興国と争う混乱の時代に
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内