ウクライナ戦争で米国の安全保障戦略は変わるか 慶應大学の中山俊宏教授に聞くアメリカの今後

印刷
A
A

ウクライナに対するロシアの暴挙が止まらない。アメリカはこれからどう対応していくのか。

3月1日に連邦議会で行った一般教書演説で、「独裁者に侵攻の代償を払わせる」などとロシアを非難したアメリカのバイデン大統領(写真:2022 Bloomberg Finance LP)

特集「ウクライナ危機で揺れる世界経済」の他の記事を読む

ロシアが2月24日にウクライナ侵攻して1週間余りが経ったが、事態に根本的な改善は見えず、泥沼の様相すら呈している。アメリカなど西側諸国はウクライナへの武器供与やロシアへの経済制裁強化を行っているが、プーチン大統領を止めることはできず、むしろ戦火が拡大する恐れも高まっている。
今後アメリカはどう対応していくのか。今回の危機が対中国重視のアメリカの安全保障政策にどのような影響を与えるのか。さらに日本はどう対応すべきかを含め、アメリカ政治外交が専門の中山俊宏・慶応義塾大学総合政策学部教授に聞いた。

プーチン氏が非合理な侵攻に出た理由

――ロシアの軍事侵攻が止まりません。

ウクライナのNATO(北大西洋条約機構)加盟を防ぐことがロシアの目的だったとすると、目的と手段が釣り合っていないのは明らかだ。軍事侵攻の結果、ロシアに対する世界の包囲網は相当に強まった。NATOを脅威だと認識しているからこその決断だろうが、結果的にはアメリカのトランプ政権時代から迷走気味だったNATOを再び結束させることにもなった。つまり、目的を考えれば、明らかに合理的とはいえない行動だ。

多くのロシア研究家は、「これは自分の知っているプーチンではない」と言っている。計算高いリスクテーカーのイメージとは違い、単なるリスクテーカーになって、ロシアの国益を害したとしか見えないということだ。

では、なぜ軍事侵攻をやったのか。ソ連崩壊を20世紀最大の祖国の悲劇と見るプーチン氏には、ロシアの勢力圏を拡大し、もう一度「大ロシア」を実現させたいという強い情念があるのだろう。コロナ禍の中で孤立感を深め、体調不安説もある中、自分に残された時間が限られているという切迫感があったのかもしれない。

加えて、プーチン氏は昨年6月、アメリカのバイデン大統領とスイスで会談した。その時バイデン氏から、「戦略的競争の主舞台はインド太平洋(中国)だ」と伝えられている。また、アフガニスタンからの撤退の際のアメリカの混乱を見て、「バイデン氏は(ウクライナ問題に)介入できない」と考えたのだろう。これらのことが合わさって軍事侵攻に踏み切ったという以外、説明がつかない。

――バイデン政権がウクライナには派兵しないと一貫して表明してきたことは、軍事侵攻を抑止する点から言うべきでなかったと批判もあります。

アメリカは、「プーチンは必ず軍事侵攻する」と警告していたが、彼を「意図」のレベルですべて把握しているかのようだった。それにもしロシアの下腹部をえぐり取るような位置にあるウクライナへ米軍を派遣すると言えば、精神状態が不安定とも言われるプーチン氏にどんな影響を与えるかもわからない。

ロシアは使える核である戦術核を保有している。アメリカの戦略核は使いにくい。ゆえにアメリカはロシアに抑止されてしまっている。さらに、今のアメリカには派兵を後押しするような気運が国民の間で皆無だ。

実際に派兵の確率がほぼゼロならば、すべてのオプションをテーブルの上に残しておくと言いながら、派兵せず、信用を落とすより、最初から派兵しないと言ったほうがいいという計算があったのだろう。何といっても、今回アメリカはプーチンが本気でやると見ていたフシがあり、外交交渉を成立させるためにも、派兵の意図はなしと伝える必要があった。

――派兵は無理だとしても、ロシアに戦争を止めさせる必要があります。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ウクライナ危機で揺れる世界経済
アメリカは「痛み覚悟」の経済制裁を発動できるか
中林美恵子・早大教授に聞く「ウクライナ危機」
プーチン大統領がもくろむ「世界秩序」の変更
笹川平和財団の畔蒜泰助氏が「ロシアの論理」を解説
ロシア経済制裁で注目される「SWIFT」とは何か
中島真志教授に聞く「制裁」の実効性とその限界
ロシアへの「SWIFT遮断」は経済に何をもたらすか
6つのポイントで経済・金融情勢の影響を整理する
ロシア「ウクライナ侵攻」の原因、誤算、今後の焦点
大和総研・菅野ロンドンリサーチセンター長に聞く
ロシア「経済制裁」で原油・ガス供給はどうなる
日本エネルギー経済研究所の栗田抄苗氏に聞く
ウクライナ戦争で米国の安全保障戦略は変わるか
慶應大学の中山俊宏教授に聞くアメリカの今後
急変する世界経済、注視すべき「3つの経済指標」
為替、金利、インフレ率の動向がますます重要に
JT、「利益の2割」を稼ぐロシア混迷の深刻影響
現地製造で用いるたばこ葉に輸入停止の可能性
ウクライナ危機は過去の石油ショックを超すか
『新しい世界の資源地図』著者のヤーギン氏に聞く
「原油爆騰」を冷静にみるべきいくつかの理由
ウクライナ侵攻をきっかけに、過去最高値に迫る
「ウッドショック」に拍車?ウクライナ危機の波紋
経済制裁や物流逼迫で木材価格はさらに高騰も
日系自動車メーカー「ロシア対応」の次に迫る懸念
生産や輸出の停止を決めただけでは済まない
ユニクロ「ロシア休業」へ、迫られた過酷な踏み絵
ロシアは苦戦する欧州の足がかりだった
「西側vs.ロシア」で人民元、暗号資産は漁夫の利か
ウクライナ危機が招いた「金融戦争」の行方
ウクライナ戦争の影で中国が手に入れる「利権」
欧州、ロシアに詳しい蓮見雄・立教大学教授に聞く
ウクライナ戦争は世界の経済覇権をどう変えるか
「敵対的な経済圏」の併存を生む可能性も
ニッケル暴騰で1200億円借りた専門商社の懐事情
鉄鋼商社の阪和興業、デリバティブ取引が裏目
世界の外貨準備で見逃せない「ドル比率の低下」
ロシア制裁から「ドル抜きの未来」を考える国も
乱高下した「原油価格」はここからどう動くのか
世界的エネルギー専門家、ヤーギン氏の見立て
ウクライナ戦争で顕在化した「世界秩序の崩壊」
覇権国が力を失い新興国と争う混乱の時代に
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内