「原油爆騰」を冷静にみるべきいくつかの理由 ウクライナ侵攻をきっかけに、過去最高値に迫る

印刷
A
A

足元では原油相場が急騰する一方、中長期では実際の原油の需要と供給のバランスを見極める必要がある。

ロシア問題が吹き荒れる中、OPECプラスをリードしてきたサウジアラビアはどう動くか。写真は2019年10月のプーチン大統領のサウジ訪問時の様子(写真:SPUTNIK/時事通信フォト)

特集「ウクライナ危機で揺れる世界経済」の他の記事を読む

「今起きているのはパニックだ」。住友商事グローバルリサーチの本間隆行チーフエコノミストは、急騰する原油先物市場をそう評する。

2月24日から始まったロシア軍のウクライナ侵攻をきっかけに、原油価格はとてつもない上昇圧力がかかっている。アメリカのバイデン大統領は3月8日、ロシア産原油などの禁輸を即日断行した。

イギリスも2022年末に原油輸入を停止すると表明すると、NY原油先物取引(WTI)は1バレル=123.7ドルまで急騰。原油相場の最高値は2008年7月の145ドルだったが、これを更新する可能性も出てきた。

ロシアは世界第3位の産油国だ。世界の原油生産量の12%を占め、ヨーロッパなどに供給している。今回、ロシアの武力侵攻を受けて西側諸国が対ロ経済制裁で一致。アメリカを皮切りにヨーロッパでもロシア産原油が制裁対象になるとの危惧が広がっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ウクライナ危機で揺れる世界経済
アメリカは「痛み覚悟」の経済制裁を発動できるか
中林美恵子・早大教授に聞く「ウクライナ危機」
プーチン大統領がもくろむ「世界秩序」の変更
笹川平和財団の畔蒜泰助氏が「ロシアの論理」を解説
ロシア経済制裁で注目される「SWIFT」とは何か
中島真志教授に聞く「制裁」の実効性とその限界
ロシアへの「SWIFT遮断」は経済に何をもたらすか
6つのポイントで経済・金融情勢の影響を整理する
ロシア「ウクライナ侵攻」の原因、誤算、今後の焦点
大和総研・菅野ロンドンリサーチセンター長に聞く
ロシア「経済制裁」で原油・ガス供給はどうなる
日本エネルギー経済研究所の栗田抄苗氏に聞く
ウクライナ戦争で米国の安全保障戦略は変わるか
慶應大学の中山俊宏教授に聞くアメリカの今後
急変する世界経済、注視すべき「3つの経済指標」
為替、金利、インフレ率の動向がますます重要に
JT、「利益の2割」を稼ぐロシア混迷の深刻影響
現地製造で用いるたばこ葉に輸入停止の可能性
ウクライナ危機は過去の石油ショックを超すか
『新しい世界の資源地図』著者のヤーギン氏に聞く
「原油爆騰」を冷静にみるべきいくつかの理由
ウクライナ侵攻をきっかけに、過去最高値に迫る
「ウッドショック」に拍車?ウクライナ危機の波紋
経済制裁や物流逼迫で木材価格はさらに高騰も
日系自動車メーカー「ロシア対応」の次に迫る懸念
生産や輸出の停止を決めただけでは済まない
ユニクロ「ロシア休業」へ、迫られた過酷な踏み絵
ロシアは苦戦する欧州の足がかりだった
「西側vs.ロシア」で人民元、暗号資産は漁夫の利か
ウクライナ危機が招いた「金融戦争」の行方
ウクライナ戦争の影で中国が手に入れる「利権」
欧州、ロシアに詳しい蓮見雄・立教大学教授に聞く
ウクライナ戦争は世界の経済覇権をどう変えるか
「敵対的な経済圏」の併存を生む可能性も
ニッケル暴騰で1200億円借りた専門商社の懐事情
鉄鋼商社の阪和興業、デリバティブ取引が裏目
世界の外貨準備で見逃せない「ドル比率の低下」
ロシア制裁から「ドル抜きの未来」を考える国も
乱高下した「原油価格」はここからどう動くのか
世界的エネルギー専門家、ヤーギン氏の見立て
ウクライナ戦争で顕在化した「世界秩序の崩壊」
覇権国が力を失い新興国と争う混乱の時代に
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内