「電車でスマホを見る人」即実践できる6大読書術 「移動中✕スマホ」に最適な本の読み方は?

印刷
A
A
【5】漫画も知的生産のために活用する

私のキンドルの本棚には、執筆のための資料となる本や話題の本に加えて、漫画も並んでいる。高尚な文学や哲学書に限らず、ミステリーでも漫画でも、それが「いい本」であれば、自分のための蓄積になってくれる

たとえば私は、「『名著、難しい本』をぐいぐい読みこなす簡単5秘訣」の中で、ドストエフスキーの『罪と罰』を読みこなすコツのひとつとして、漫画版を活用することを提案した。

漫画好きな人なら、漫画のほうがストーリーがすっと頭に入ってきやすいし、登場人物が見分けやすく頭を整理しやすいので、移動中に短時間でおこなうインプットにはもってこいである。

【6】「こま切れ読書」のツールに活用する

最後に私が伝えたいのは、本はもっと自由に読めばいいということだ。

本を読む目的もスタイルも、「こうでなければ」という呪縛から自分を解き放つことができれば、読書はぐんと楽しくなる

キンドルのような電子書籍は、どこまで本を読んだかをクラウドで管理し、パソコンやスマホ、タブレット、専用端末など、さまざまな機器で同期してくれる

それゆえ、仕事場でパソコンのキンドルアプリを起動させて画面で読み、打ち合わせに出かける電車のホームでスマホを取り出して続きを読み、電車に乗ってもそのまま読み続けるといったことが可能だ。

私自身は、新幹線や飛行機などで長時間移動するときはiPadなどのタブレットで読むが、それらをバッグから取り出すのは面倒なときもあり、とくに混んでいる電車の中ではスマホのほうが向いている

そういう「マルチデバイス読書」にも「電車の移動時間✕電子書籍」は最適である。

「スマホ読書」は、現代人のひとつのスタイル

もちろん私は、紙の本も読む。仕事場には「2000冊を上限」に紙の本を所有し、月に1回の割合で入れ替えている。

私の場合、紙の本は仕事場やカフェなど、じっくり落ち着いて読める場所で読むことが多い。だから、電車でも座って通勤できるなど、じっくり本を読める環境がある人は、紙の本を読むのも、もちろんいいだろう。

ただ、われわれ21世紀の人間は、総じて「まとまった読書時間」をつくるのが苦手になった。昔の人のように、机の前に正座して本に没頭するなどという美しい読書スタイルは、なかなかかなわない

しかしだからこそ、スキマ時間に、あらゆるときに、あらゆる場所で、あらゆる姿勢で1冊の本を読み進められるかどうかが「知的生産の肝」であり、それこそが「多くの現代人の読書スタイル」になっているともいえる。

せっかくのマルチデバイス時代、「スマホ読書」もひとつの読書スタイルとして取り入れることで、移動時間を「有意義な知的生産の時間」に変えると同時に、自分のなかに確実に「読む力」と「知力」が積み重なっていくことを実感していただきたい。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT