iPhone6は有機EL? 不透明なIPS液晶特需、“アップル”の落とし穴


サムスンは博士号を持つ技術者500人を集め、5年かけて有機ELの量産化に乗り出したとも言われる。一度は量産を投げ出した日本勢が再挑戦の末に量産化に乗り出したとしても、サムスンの特許網に引っかかり、ハンディキャップを持ち続けるかもしれない。

小型液晶の出荷金額世界トップはシャープで、3位にはTMDが付ける。2位のサムスンが有機ELへのシフトを明確にする中、液晶に集中する道を選ぶのか、それともサムスン同様に有機ELへの投資を目指すのか。アップル特需を契機に、各社首脳の決断力が問われている。

(前田佳子、長谷川高宏、西澤佑介/山田俊浩 撮影:大隈智洋 =週刊東洋経済2011年1月29日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。