iPhone6は有機EL? 不透明なIPS液晶特需、“アップル”の落とし穴


だが、アップルが大々的に採用するようになったことで、にわかに高精細液晶はニッチではなくなった。こうなると、量産力に優る台湾勢も黙ってはいない。すでに日立ディスプレイズがチーメイにタブレット端末用のIPS液晶の一部を生産委託しているが、技術的には十分に追いつけるポジションだ。

液晶装置メーカー関係者は「これまでも少量生産してきた台湾AUOも低温ポリシリコンの設備増強を検討している」と言う。台湾勢が大々的に売れ筋へ乗り出すのは時間の問題なのだ。

今のところプレーヤー数が限られている低温ポリシリコンIPS液晶も、競争が激しくなる。ディスプレイサーチによると、小型液晶は当分の間、出荷数量増が続くものの、金額ベースでは14年の274億ドルをピークに頭打ちとなる見通し。

年に2~3割も下落していく大型テレビ用の液晶のような価格下落が、低温ポリシリコンIPSにも波及する可能性がある。

「現在の活況は一時的なもの。3~5年後がどうなるか、まったく見えない」。小型液晶メーカーの幹部がこう不安視するのも無理はない。サムスンのように毎年、何千億円も投資し続けるような体力がなければ、業界をコントロールできないのが現実だ。

シャープ、TMDが有機ELを量産へ?

しかも、そのサムスンにより、液晶そのものが強烈なライバルの挑戦にさらされている。夢のパネルと言われる、有機ELディスプレーだ。

まだ生まれたばかりの有機EL市場で世界シェア99%を誇るのはサムスンだ。「サムスンは有機ELの増産投資に舵を切っている。今年の初夏には第1期ラインが立ち上がる予定で、生産能力が上がれば、大型の『ギャラクシー・タブ』にも導入が進むだろう」(ディスプレイサーチの早瀬ディレクター)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。