iPhone6は有機EL? 不透明なIPS液晶特需、“アップル”の落とし穴


当初はほぼ全量が自社のギャラクシーシリーズに回るため、外販する余裕はほとんどない。そうした中でLGも有機ELの量産を目指している。

だが、「サムスンに追いつけ追い越せで、11年末にはシェア4割を握る」という見方と、「サムスンとの技術差は歴然で、量産化は不可能」との見方が相半ばしている。

当然、アップルも有機ELに注目している。関係者によると、アップルは今年発売予定の「アイフォーン5」まではIPS液晶を採用するものの、来年発売予定の「アイフォーン6」では有機ELを採用するべく検討しているようだ。

ディスプレーのコントラスト比がアイフォーン4の800対1に対してギャラクシーSは10万対1とケタ違い。消費電力も少なく、液晶を凌駕するさまざまな特性がある。アップルとしては、一刻も早く有機ELを採用したいのだ。

しかし、競合製品であるギャラクシーへの供給を優先するサムスンからの購入は難しいうえ、LGの量産化の実現性も不透明だ。そのため、アップルは今回の投資支援交渉の中で、シャープ、TMDに対して有機ELを生産するよう要請している。有機ELは低温ポリシリコンを技術基盤としており、これから投資をする液晶生産ラインからの転用も可能なためだ。

TMDやシャープには有機EL技術の蓄積はある。はたして、この要請を受け入れて量産へ取り組むのかどうか。アイサプライ・ジャパンの増田淳三ディスプレイディレクターは「小型有機EL市場はサムスンの独壇場。小型パネル市場全体が伸びていく中で、あえて有機EL量産のリスクを取る必要はあるのか」と懐疑的だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。