日本人も、"コミュニケーション力"を磨こう

対話術は、グローバルリーダーの必須スキル

多くの人の前で堂々と話し、説得し、鼓舞し、楽しませることを目的とするパブリックスピーキングを行うスキルもある。ディベートは、プレゼンやスピーチなどのパブリックスピーキング力を養う絶好の機会だ。話す内容(バーバル)だけではなく、聴衆の心証を大きく左右するノンバーバルの要素、つまり、身振りや手ぶり、表情、声なども鍛えられる。

そのほかにもチームワーク傾聴力紛争解決力瞬発力などグローバルや日常のビジネスシーンで役立つ数多くのスキルを効率的に磨くことができるのだ。

ディベートは決して対峙する相手を打ち負かしたり、ねじ伏せるのが目的ではない。ディベートを通して、聴衆などの「第三者」を説得し、その考え方に影響を与えたりするのが本来の目的である。日本人にはディベートなど敷居が高い、という人も多いだろう。しかし、例えば日常的なプレゼンや会議の場で、ディベートで用いられるスキルは即効力のある武器となる。

"ディベートの鉄人"であるラドリー・グラッセー先生に伺った、ディベートにおけるコミュ力アップ3つの黄金則は次のようなものだ。

① 多くの武器をそろえるべし

ディベートでは守勢、攻勢など状況に応じて、様々な説得材料が必要となる。武器となるエビデンスをできるだけたくさん集めよう。数字、統計、論文等々、徹底的なリサーチ・情報収集が重要だ。

② 戦略的同意も一つの心得

一方的に攻撃したり、否定するだけでは、相手方は守りに入ってしまうし、聴衆や第三者からの印象も悪くなる。自分の主張がぶれない範囲で、相手の主張に賛同したり、認めることが戦略上必要となる。

③ 問うてみよ

「相手が間違っている」とあげつらったり、自らの主張をとうとうと述べるだけではなく、核心を突く質問によって、矛盾点を自然に浮かび上がらせたり、ゆさぶりをかける手法も時として有効だ。

次回は、ディベートから学ぶ「論理的な説明法」について考えていく。

※ 本連載は隔週火曜日に掲載します。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT