日本人も、"コミュニケーション力"を磨こう

対話術は、グローバルリーダーの必須スキル

学費は1人年間約3万6500ドル~3万8000ドルと高いが、そのユニークなプログラムが評判を呼び、2009年の設立当初はたった26人だった生徒数も、わずか5年で250人まで増えた。

ほとんどの生徒がiPadかアップルのMacBookを貸与され、小学2年生からコンピュータプログラミングを学ぶ。7年生(中学1年)で、シェークスピアを読み解き、科学の授業では、「ドップラー効果や赤方偏移などの現象からなぜ、ビッグバンが起きたのかをストーリーとして説明せよ」といった課題が与えられる。

用意された「答え」を覚えることよりは、自分の力で考え、結論を導き出すことを重視する。「子供の脳は氷山のようなもの。我々は見えていない子供たちの潜在能力を発掘し、伸ばしていきたい」と、ミドルスクールのポール・ディアーズ校長は力を込める。

ディベートは埋もれた才能を花開かせる

ディベートもそうした埋もれた才能を花開かせる取り組みの一つだ。「数学や英語よりもディベートは重要だ」とディアーズ校長は断言する。「多くの知的作業は、将来、コンピュータやAI(人口知能)に取って代わられるが、ディベートによって培われるリサーチ力、分析力、コミュニケーション力はコンピュータで代用できるものではないから」だ。

ディベートは主に高校や大学で、サークル活動や放課後のクラブ活動として取り入れられているが、同スクールでは、ディベート専門の教師を採用し、全生徒が週1コマから2コマを必修科目として学んでいる。ディベートはある特定のテーマをめぐって、立場の異なる個人やグループが議論を戦わせるものだ。

「子供は誰もが少なくとも一つはスポーツをプレーするべきだと思いますか」。例えば、幼稚園のクラスではこんな問いが投げかけられる。「健康でいるためにはスポーツはした方がいいと思います」「ほかのことをする時間がなくなるので嫌です」など子供たちは思い思いに意見を述べる。まだ議論にもならないが、「小さいころから、人前で意見を述べることに慣れ、その恐怖心や抵抗を少しでも取り除ければいい」とディベート教師のラドリー・グラッセ―氏は説明する。

ある日の7年生のクラスのテーマは「デジタル写真の修整は許されるか」。「修正によって、極端にスタイルの良い女性ばかりを見せることで、『美しさ』を定型化し、『やせなくては』といった若者の強迫観念に結びつく」「あくまでも表現の自由の範疇だ」と白熱した議論が展開された。

ディベートには多くのやり方があるが、正式なディベートコンテストなどでは定型化されたルールにのっとって、競技として行う。3~4人で構成されるチームごとに、賛成派か反対派かに割り当てられ、個人的な信条と異なる主張だとしても、あくまでも与えられた立場の発言をしなければならない。

次ページディベートを競技として行うと?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT