【産業天気図・食品】異常気象と投機マネー流入で原料価格高騰、価格転嫁も至難、後半「曇り」に後退へ


 上向くカギは、中国や東南アジアなど新興国。現地消費者の所得向上、食生活の西洋化が進み、日本を含む外資企業には参入余地が拡大している。

製パン、製麺向けの改良剤を扱う理研ビタミンはマレーシアで増産体制を構築するなど、国内の不調を取り戻す戦略を推進中。キューピーも12年にマレーシアに続きベトナムにマヨネーズなどの調味料の生産拠点を構築する。

食品は地域性が強いため、飲料業界のように大型M&Aで一気に海外進出を加速するのは至難。しかし、短期的な市場環境の厳しさで追い立てられれば、中小メーカーまで海外進出を試みる可能性がある。

苦境にあって海外への攻めの姿勢を強められるかが、生き残りの条件のひとつとなりそうだ。
(麻田 真衣=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。