"ゴミ"が復活!?ヤバすぎる外食の「卵」食品

マヨネーズに使わない卵白がニセモノ食品へ

業務用の「卵焼き」の裏ラベルにあぜん

河岸:そのとおり。それが、外食でよく遭遇する「カチコチ卵焼き」の正体でもある。

N君:なるほど。「卵の白身」を無理やり足しているから、外食で食べる卵焼きの中には、全然ふわっとしていない、ものすごく「カチコチの卵焼き」があるわけですね。

河岸:外食だから表示はないけど、業務用の袋を見ると、本来はこういうラベルが袋に貼ってあるんだ。

「全卵」に加えて「卵白」と表記がある点に注目。白身(卵白)をわざと足して、全体の量をカサ増ししている。もちろん理由はコストを下げて安くするため。

N君:すごい! 冒頭の「全卵」に続いて、2番目に「卵白」と書いてありますね。

河岸:「卵丸々」(全卵)にさらに「白身」(卵白)を足しているから、そういう記載になる。

N君:理由は、やっぱり「増量」のためですか?

河岸:そのとおり。白身を足すと、全体のカサが増えるでしょう。だから、コストダウンのために、安い白身を混ぜるんだ。

N君:でも、白身を混ぜると、色が白っぽくなったり、味が薄くなったりしませんか?

添加物「カロチノイド色素」で着色し、卵焼きの色に近づける

河岸:だから、そういう「カチコチ卵焼き」は、添加物を入れて着色したり味を濃くしたりしている。ほら、ラベルに「カロチノイド色素」という記載もあるでしょ。添加物で着色して、卵焼きらしい黄色に近づけているんだ。

N君:うわー、ホントですね。これは驚きました。

河岸:片や、同じ「卵焼き」でも、こういうラベルのものもある。

この業務用卵焼きには「全卵」としか書いていない。これは、白身を足していない“本物”かと思いきや……?

N君:これは「全卵」としか書かれていませんし、「着色料」(カロチノイド色素)の記載もありませんね。なるほど、ラベルに「卵白」と「着色料」が書かれているかどうかに注目するわけですね。

河岸:うん、それで半分は正解だけど、必ずしもそうとは言い切れない。なぜなら、「全卵」と書いてあっても、「白身」を混ぜていることもあるから。

N君:えっ? なぜですか?

次ページ「カチカチ卵焼き」がよく使われる外食は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT