"ゴミ"が復活!?ヤバすぎる外食の「卵」食品

マヨネーズに使わない卵白がニセモノ食品へ

ハムもハンバーグも「卵白」で増量

N君:今回の話は、本当に目からウロコでした。マヨネーズを作るときに「余った白身」が、"ゴミ"として捨てられずにほかの食品メーカーに売られて、カサ増しの材料に使われているなんて、考えもしませんでした。
河岸:ただ、誤解のないように断っておくと、別に「余った白身」がすべて卵焼きに変わるわけじゃない。だって、マヨネーズの余った白身がすべて卵焼きに回るほど、卵焼きの需要も多くないでしょ。
N君:確かにそうですね……。
河岸:ほかの加工品メーカーにも、「余った白身」を格安で引き受けているメーカーはある。たとえば、ハムメーカーも「余った白身」を仕入れてロースハムを作っているし、惣菜メーカーも「余った白身」を混ぜてハンバーグを作ったりしている。
N君:ハムやハンバーグもですか? 確かに、ロースハムやハンバーグの「裏ラベル」をあらためて見てみると、「卵白」って書いてあるのも多いですね。
卵焼き以外にも、「余った白身」はさまざまな「増量」に使われる。増量以外に、じつは完全な「ニセモノ食品」に変わることも……!?
河岸:これもメーカーが「増量」のために「白身(卵白)」を仕入れて足しているわけ。ほかに「植物性タンパク」も足しているけど、「植物性タンパク」による増量のカラクリは新刊で解説したとおり。
N君:「植物性タンパク」は増量のスター選手として外食で大活躍、肉をまったく使っていない「植タン餃子」とか「水ぶくれ唐揚げ」とか、すごい裏側を解説しましたよね。
河岸:外食は表示がいらない分、スーパーで売られているもの以上に、「卵白」や「植物性タンパク」で増量した「カサ増し食品」が多く使われる傾向にあるの。
N君:表示免除をいいことに、「外食の裏側」はすごいことになっていますね……。
河岸:今回解説したのは「増量」だけど、もっと驚くべきことに、「ある食品」なんかは、完全に「白身を添加物で着色して黄身だと思わせて」売っているものもある。
N君:えっ? 黄身と思って食べているけど、それは「着色されたニセモノ白身」ってことですか? そんな「すごいニセモノ食品」があるんですか。
河岸:そのとおり。しかも、それはコンビニで売られているし、みんながよく食べているものでもある。次回は、その話をしよう。

 

前作『スーパーの裏側』もベストセラーになりました! 大手スーパーに10年勤務し「スーパーGメン」とも呼ばれる河岸さんによる「告発の書」。読めば、「スーパーを見る目」と「選ぶ食品」が今日から変わります!

というわけで、ヤバすぎる外食「卵」の裏側は以上です。

次回、「あの人気商品は『ニセモノ卵食品』だった!」を解説する前に、来週は年末年始の季節ネタとして、「クリスマスケーキの裏側」と「正月料理の裏側」を特別編で取り上げたいと思います。

「クリスマスケーキの裏側」は、来週月曜の12月22日の早朝にアップします。ぜひその記事を読んでから、ケーキを買うようにしてください。なぜなら、みなさんが買うクリスマスケーキには、思いもよらない「裏側」が潜んでいるからです。

せっかくのクリスマスは、おいしいケーキを食べたいもの。楽しみにお待ちください。

5万部のベストセラーになっている新刊はこちら→『「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。』 同じくベストセラーになった『スーパーの裏側 安全でおいしい食品を選ぶために』もお勧めです!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT