「おでんポートフォリオ」で冬のお悩み一掃!

疲労回復、冷え性予防、飲みすぎケアまで

おでんの季節到来です。健康のためにも、賢く使い倒しましょう!(写真:YNS / imasia)

日本の冬といえば、やっぱり「おでん」ですよね。今やどこのコンビにでも手軽に買えるようになりました。具がたくさんあって、何をチョイスするか迷ってしまいますが、この「組み合わせ」を健康に生かすことも出来るのです。

具のお話の前に、まずは日本が誇る伝統の「おだし」に注目しましょう。おだしには昆布とかつお節が使われており、このエキスだけでも様々な病気の予防食になります。たとえば昆布の旨味成分にはエナジードリンクにもよく含まれる「グルタミン酸」、「アルギン酸」が含まれ、摂取すると高血圧予防や、精神安定、脳の活性化などが期待できます。

かつお節にも精神安定や脳の活性化が望める「ナイアシン」、「トリプトファン」などが含まれています。おでんを食べると心が休まるように感じるのは、このおだしの効果かもしれません。

絶対押さえておくべき、2種類の具

ただ一方で、おでんには練り物が多く含まれ、食べ方次第では太りやすくなってしまいます。食べる順番にも気をつけつつ、具も戦略的に選んでいきましょう。

■共通して食べておきたい具は?
・大根
なるべくいちばん最初に食べ、胃の中を食物繊維で保護しておきましょう。また大根には解毒作用も期待でき、少々食べすぎても消化酵素が働いてくれるでしょう。
・こんにゃく・しらたきなど
こんにゃく類も、最初のうちに食べておきましょう。こんにゃくには食物繊維のほかにセラミドが含まれ、冬になると乾燥して痒くなりやすい肌を守ってくれます。

 

“万能”なこの2つはなるべく選ぶようにするとして、次のページからは師走ならではのお悩み別に、おでんの具のポートフォリオを考えて行きましょう。

次ページお悩み別のオススメ具材をチェック!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT