アラサーのための戦略的「人生相談」--会社を辞めるかどうか、悩んでいます



 だから、若いうちから「逃げない癖」をつけることが重要です。絶対に逃げちゃ駄目。逃げると投資にならないだけでなく、「信用」を失います。失うのは簡単ですが、もう一度回復するのは、本当に大変。

この歳になると、「信頼できる仲間」と「仲間から信頼されること」が、人生においてどれくらいの価値があるか、痛切にわかります。「信頼」は、人生の価値のすべてだと言っても言い過ぎではありません。今になると、「あのとき、逃げなくてよかった」と本当に思うんですよ。逆に、「もし逃げていたら……」なんて想像すると、ゾッとします。少なくとも、現在の自分はなかったでしょうね。

結論としては、「転機はいつ来るのか?」なんて無駄なことを考えるのは即刻やめて、代わりに「周りの人間に信頼されるには、どうしたらいいのか?」を考えるべきです。「情けは人のためならず」。これ真実ですよ。

ひろせ・いちろう
%IMAGE_ALT_2% 1955年生まれ。東京大学法学部卒業。80年、電通入社。トヨタカップを含め、サッカーを中心としたスポーツ・イベントのプロデュースを多数手がける。2000年に電通を退社し、スポーツ・ナビゲーションを設立。その後、独立行政法人経済産業研究所の上席研究員を経て、04年にスポーツ総合研究所を設立し、所長就任。江戸川大学社会学部教授を経て、多摩大学の教授として「スポーツビジネス」「スポーツマンシップ」を担当。著書に『Jリーグのマネジメント』『スポーツマンシップ立国論』など。現在東京と大阪でスポーツマネジメントスクールを主宰し、若手スポーツビジネスマンを育成している。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT