アラサーのための戦略的「人生相談」--会社を辞めるかどうか、悩んでいます



 だから、若いうちから「逃げない癖」をつけることが重要です。絶対に逃げちゃ駄目。逃げると投資にならないだけでなく、「信用」を失います。失うのは簡単ですが、もう一度回復するのは、本当に大変。

この歳になると、「信頼できる仲間」と「仲間から信頼されること」が、人生においてどれくらいの価値があるか、痛切にわかります。「信頼」は、人生の価値のすべてだと言っても言い過ぎではありません。今になると、「あのとき、逃げなくてよかった」と本当に思うんですよ。逆に、「もし逃げていたら……」なんて想像すると、ゾッとします。少なくとも、現在の自分はなかったでしょうね。

結論としては、「転機はいつ来るのか?」なんて無駄なことを考えるのは即刻やめて、代わりに「周りの人間に信頼されるには、どうしたらいいのか?」を考えるべきです。「情けは人のためならず」。これ真実ですよ。

ひろせ・いちろう
%IMAGE_ALT_2% 1955年生まれ。東京大学法学部卒業。80年、電通入社。トヨタカップを含め、サッカーを中心としたスポーツ・イベントのプロデュースを多数手がける。2000年に電通を退社し、スポーツ・ナビゲーションを設立。その後、独立行政法人経済産業研究所の上席研究員を経て、04年にスポーツ総合研究所を設立し、所長就任。江戸川大学社会学部教授を経て、多摩大学の教授として「スポーツビジネス」「スポーツマンシップ」を担当。著書に『Jリーグのマネジメント』『スポーツマンシップ立国論』など。現在東京と大阪でスポーツマネジメントスクールを主宰し、若手スポーツビジネスマンを育成している。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。