アラサーのための戦略的「人生相談」--会社を辞めるかどうか、悩んでいます



 だから、若いうちから「逃げない癖」をつけることが重要です。絶対に逃げちゃ駄目。逃げると投資にならないだけでなく、「信用」を失います。失うのは簡単ですが、もう一度回復するのは、本当に大変。

この歳になると、「信頼できる仲間」と「仲間から信頼されること」が、人生においてどれくらいの価値があるか、痛切にわかります。「信頼」は、人生の価値のすべてだと言っても言い過ぎではありません。今になると、「あのとき、逃げなくてよかった」と本当に思うんですよ。逆に、「もし逃げていたら……」なんて想像すると、ゾッとします。少なくとも、現在の自分はなかったでしょうね。

結論としては、「転機はいつ来るのか?」なんて無駄なことを考えるのは即刻やめて、代わりに「周りの人間に信頼されるには、どうしたらいいのか?」を考えるべきです。「情けは人のためならず」。これ真実ですよ。

ひろせ・いちろう
%IMAGE_ALT_2% 1955年生まれ。東京大学法学部卒業。80年、電通入社。トヨタカップを含め、サッカーを中心としたスポーツ・イベントのプロデュースを多数手がける。2000年に電通を退社し、スポーツ・ナビゲーションを設立。その後、独立行政法人経済産業研究所の上席研究員を経て、04年にスポーツ総合研究所を設立し、所長就任。江戸川大学社会学部教授を経て、多摩大学の教授として「スポーツビジネス」「スポーツマンシップ」を担当。著書に『Jリーグのマネジメント』『スポーツマンシップ立国論』など。現在東京と大阪でスポーツマネジメントスクールを主宰し、若手スポーツビジネスマンを育成している。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT