アラサーのための戦略的「人生相談」--会社を辞めるかどうか、悩んでいます


「これは違うな」と思って、そろそろ辞めようかと考えていたら、「君、サッカーに詳しいらしいから、トヨタカップを担当して」と言われたんです。それで、面白そうだから、もう1年ぐらいは会社にいようと考え直しました。その次に命じられたのが、メキシコ出張。1986年のメキシコW杯に電通がかかわることになり、その担当者の一人に選ばれたんです。
 
 後から考えると、これが人生の転機だったかもしれない。でも、そんなことを考えてサッカーをしていたわけではないし、広告代理店でサッカーの仕事ができるなんて、考えてもみなかった。しかし、電通はちょうど僕が入社した80年代にサッカーや五輪など、スポーツ事業に積極的に投資し始めたんです。これは偶然以外の何ものでもない。

その後も、マンハッタンマラソン、1990年のイタリアW杯、1994年のアメリカW杯、全英オープンテニスと、次々と面白いプロジェクトを任されて、会社を辞めるタイミングを失ってしまった(笑)。

次の転機は、Wカップの日本招致にかかわり、それが日韓の共同開催に決まったことです。96年のことでした。当初は日本の単独開催だったはずが、最後の最後でルールが変わり、共同開催になった。その判定が許せなかった。「こんなやり方をするような業界にいてはいけない。二度とスポーツビジネスの仕事にかかわるのはやめよう」と思いました。

それまで、ほぼスポーツの仕事しかしてこなかったから、次の食い扶持を探さないといけなかった。結論は、「環境ビジネス」。環境問題に携わるビジネスは、「社会の役に立つ」ことになるし、これからは絶対に食っていけると思った。

1998年ごろに、電通で社内申請をして、ワシントンに行くことになったんです。コンサベーション・インターナショナルという有名なNGOにインターンで入って、環境政策について実地に学ぶことにした。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT