アラサーのための戦略的「人生相談」--会社を辞めるかどうか、悩んでいます


単身での渡米だったので、週末は暇。で、毎週、電車でニューヨークに遊びに行っていたんです。そこで、商社マンとなって渡米していた学生時代の友人に偶然出会った。当時は、ITバブルの真っ最中でしたね。とにかくITと名がつけば、皆が競って投資をしていた。夜のソーホーで、サスペンダーをして「いかにも」という若いビジネスマンが、何万円もするシャンパンをポンポン開けていた時代です。友人の会社も、米国のスポーツ専門サイト「スポーツオンライン」に出資をして成功していて、次に、その日本版のサイトを設立しようとしていた。その相談に乗っていたら、ある日「社長になってくれないか?」と誘われたわけです。

またスポーツ界に戻るのは気が進まなかったんだけど、もともとサラリーマンを辞める準備のためにアメリカに渡ったという、不純な動機が半分だったから、二つ返事で社長就任を引き受けた。日本に戻ってから会社を辞めると言って、理由を説明したら「電通も出資する」となり、それで作ったのがスポーツ・ナビゲーションという会社です。

シドニー五輪に間に合わせようと、2000年8月にはサイトをオープン。立ち上がった直後の00年、01年にかけてITバブルがはじけてしまい、前提にしていたビジネスモデルが崩れてしまった。2年間で資本金の約16億円を使い切ってしまい、キャッシュアウト。結局、02年のWカップが終了した直後にヤフーに事業譲渡することになったのです。

逃げると投資にならない

ある意味で、社会人になって最大の危機を迎えたわけです。会社を潰したんですから。そうなると立派なフリーターですよね。家族4人、どうやって食っていこうか悩みました。

そのときに、天から出会いが降ってきた。ある知り合いから「広瀬さん、経済産業研究所の青木昌彦所長(現スタンフォード大学名誉教授)と会いませんか」って。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。