アラサーのための戦略的「人生相談」--会社を辞めるかどうか、悩んでいます


戦争に勝つためには、「己を知り、相手を知る」ことが肝要です。己を知るための第一は、「目的/目標の設定」。次に、目的遂行のための領分(ドメイン)と、そこで戦いに使える武器などの戦力を見極めること。戦力が無尽蔵ではない以上、すべてに勝つのは無理だとわかる。やることの優先順位を考えざるをえない。また、使える戦力を、どの段階で、どの順番で使うかを誤ると負ける。

どんな戦力が必要かは、戦いが始まらないとわかりませんが、いずれにせよ人生という戦いで勝利するためには、できるだけ多くの戦力が必要。つまり「自己投資」が不可欠になります。

ただし、自己投資というのは、自分の能力を伸ばすことだけを指しているのではありません。言うまでもなく、「転機」をもたらすのは、自分の周囲にいる他者です。となるといい友人関係がない人には、転機は訪れないということになりますね。

いい友人関係、というのは単なる遊び仲間とは違います。あなたが、あなたの周囲の人からどれだけの信頼を勝ちえているか、という問題なのです。言い方を換えれば、「自分ブランド」が確立しているか、ということが問われるんです。「信頼」とか「信用」と一言で言いますが、これは長年の蓄積によってしか生まれません。

ちなみに、スポーツマンを英英辞典で引くと、「Dependable なGood Fellow」つまり「頼れるいい仲間」と書いてあります。日本の国語辞典には「運動能力に秀でた人」なんて書いてあって、この差に愕然とします。

「水は低きに流れ、人は易きに流れる」と言われるように、人は誰でも苦しいときに楽なほうをイージーに選びたくなるものです。どんなに隠そうとしても、それは必ず周りにバレてしまいます。しかも、一度安易な道を選んだり、逃げたりすると癖になります。いわゆる「逃げ癖」です。これではとても「信頼できる人」というブランドにはなりませんよね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。