吉野家はなぜ今、「並盛80円値上げ」なのか

これが"値上げ発表会見"の一部始終だ

――調達先の開拓・分散は検討しているのか。

今後も検討していくが、穀物肥育牛で吉野家が求めるスペックのものを吉野家が求める量を確保するには、米国産にならざるをえない。

会見場には多くの報道陣が詰めかけた

――アジアでの需要拡大で、今後数量に影響が出る可能性は?

数量の手当てに関する不安は持っていない。一方で、米国以外の調達先の検討を継続していく。

――牛肉以外の商品戦略についてはどうか。

牛肉以外のメニューは現在もさまざまな検証を重ねている。今秋にはロース豚丼を再販売したし、チキンなどの商品も開発を進めている。

――牛すき鍋膳の価格を据え置くのはなぜか。

牛すき鍋膳は今年再登場する際に価格の改定を実施している。

使命は「うまい牛丼を提供すること」

――値上げによって、「うまい、やすい、はやい」という企業理念はどうなっていく?

これからも守っていく。現在の相場の状況の中で実現できる「うまさ」「安さ」を提供できるのが380円。ファンの期待に答えられるよう、努力を重ねていく。

――3つの理念のうち、これからはどこを大事にしてくのか。

あえて優先順位をつければ、うまいが一番大切で、安い、早いの順。吉野家が守っていかないといけないのは、牛丼へのこだわり。うまい牛丼を提供することだ。

(撮影:梅谷秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。