日本の医療における「IT活用」はお先真っ暗

<動画>‟守旧派勢力"が叫ぶ対面の原則とは

ただ、日本が今後このようなトライアルを許容する方向に動く可能性は、やはり高くないだろう。今年6月に施行された改正薬事法では、薬局で購入できる「大衆薬」の大半がネット販売解禁となったものの、同時に、より市場規模の大きい「処方薬」はネット販売禁止と明確に定められたのだ。

アメリカでは「テレメディスン」が普及するが……

これについて夏野氏は「お医者さんが一度診て必要だと判断した薬なのに、薬剤師まで対面で判断しなければならないことがあるのか。滅茶苦茶だ」と語る。

アメリカでは今回のグーグルの例以外にも、スマホアプリなどを用いた類似のサービスがいくつも生まれており、「テレメディスン(遠隔医療)」として新たな市場を築き始めている。そんな中にあっても「対面の原則」を重視する日本。夏野氏は「既得権益を守っているとしか思えない。日本の医療におけるIT活用は、先が真っ暗闇だ。誰か抜本的に考え直せる人、厚生労働大臣になってください」と嘆く。

 

 

音量に注意して下さい

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT