日テレは堂々と「水商売NG」を謳えばいい

<動画>「女子アナ内定取消問題」を切る

音量にご注意ください

ことの発端は今月中旬、2015年春入社のアナウンサーとして日本テレビに内定をもらっていた笹崎里菜さん(22)が、同社にその内定を取り消されたこ と。笹崎さんは以前銀座のクラブでホステスのアルバイトをしていた経験があり、これを内定取得後に人事部に報告したところ、「高度の清廉性を求められるア ナウンサーにふさわしくない」との理由で、内定取り消しを告げられたようだ。

アナウンサーの素質として必要な「清廉性」とは何か……。その点についてさまざまな意見が飛び交っているこの問題だが、夏野氏は「(水商売経験があることが)清廉性を損なうのかは、よくわからない」と語る。

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

一方で、今回浮き彫りになった問題点は、新卒採用におけるプロセスの「あいまいさ」だと指摘する。

「民間企業なのだから、採用条件は、人種差別などの社会通念上問題のあるものでない限り、自 由に設定していいと思う。堂々と『水商売の経験がある方 は採らない』と明文化する。これでいいじゃないか」とズバリ。採用基準を明示していないところにこそ、今回の問題の本質があると語った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT