日テレは堂々と「水商売NG」を謳えばいい

<動画>「女子アナ内定取消問題」を切る

音量にご注意ください

ことの発端は今月中旬、2015年春入社のアナウンサーとして日本テレビに内定をもらっていた笹崎里菜さん(22)が、同社にその内定を取り消されたこ と。笹崎さんは以前銀座のクラブでホステスのアルバイトをしていた経験があり、これを内定取得後に人事部に報告したところ、「高度の清廉性を求められるア ナウンサーにふさわしくない」との理由で、内定取り消しを告げられたようだ。

アナウンサーの素質として必要な「清廉性」とは何か……。その点についてさまざまな意見が飛び交っているこの問題だが、夏野氏は「(水商売経験があることが)清廉性を損なうのかは、よくわからない」と語る。

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

一方で、今回浮き彫りになった問題点は、新卒採用におけるプロセスの「あいまいさ」だと指摘する。

「民間企業なのだから、採用条件は、人種差別などの社会通念上問題のあるものでない限り、自 由に設定していいと思う。堂々と『水商売の経験がある方 は採らない』と明文化する。これでいいじゃないか」とズバリ。採用基準を明示していないところにこそ、今回の問題の本質があると語った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。