銀行振り込み「1時間だけ」延長…ご冗談を!

<動画>一刻も早く24時間稼働を実現して!

2015年度にも、午後4時までの振り込みが可能になりそうですが……(写真:アフロ)

「今、21世紀。2014年にして、滅茶苦茶じゃないか」(夏野剛氏)。

国内の銀行は、他行向けの現金振り込み時間を延長する方向で調整に入っている。具体的には、現在午後3時の即日振り込み終了時間を、午後4時へと1時間延長。これを2015年にもスタートし、次いで土日祝日の送金も出来るよう検討していく予定だ。

テクノロジーがこれだけ進んで、たったの1時間?!

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

全国銀行協会が各金融機関をつないでいる「全銀システム」の稼働時間を変更するのは、1995年以来19年ぶり。インターネットを介した通信販売が普及し、即時決済の需要が増していることをかんがみ、今回の検討に至った。

このニュースに対し夏野剛氏は、「まず、今すでに企業間取引が当たり前に24時間行われている中、銀行だけが9時から3時までしかやっていなかったというのが衝撃的。加えて、それを『4時までにしましょう』って、愕然とする。漫才にもならない」と斬り捨てる。

今回の変更により、小切手の処理や金融市場での資金のやり取りなど、午後3時以降の銀行の行動パターンに影響が出るのは避けられず、業界の負担は増すだろう。ただ夏野氏は、そういった商慣習を尊重しつつも「たとえば口座から口座への即時決済だけ24時間にするとか、やりようはあるはず。なんでそれすら出来ないのか」と指摘する。

次ページ「業界そのものがいらなくなる」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT