テスラ「モデルS」、夏野が即買いした理由

<動画>「久しぶりにワクワクする車がそこに」

テスラの電気自動車「モデルS」。夏野氏はどこに惚れ込んだのか(撮影:尾形文繁)

米テスラ・モーターズの新型電気自動車「モデルS」。高級セダンタイプの同車種、今年9月には日本でも納車が開始され、これに合わせテスラ社のイーロン・マスクCEOが来日、さらに東京・六本木の森タワー展望台で盛大にお披露目されるなど、注目を集めた。

ただ、夏野剛氏は当初、この話題にまったく興味がなかったという。「そもそも、僕は車自体にほとんど関心がない。したがって、テスラモデルSが発売になる、イーロン・マスクが日本に来ると言われても、別にときめかないし、『第二次産業のお話?』という気持ちがあった」。

「車がITになった瞬間だ」

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

夏野氏のこの考え方を180度変えるきっかけとなったのは、たまたま誘いを受けて出掛けていったモデルSの試乗会だった。「びっくりした。これは面白いと。車がITになった瞬間だった」(夏野氏)。

もちろんこれまでの自動車にも、ITは導入されている。特に高級車では「オンボード・コンピューティング」と呼ばれる機能で車の使用状況をつねに蓄積しており、車検などの際にメーカー側が吸い上げる仕組みがあるが、ドライバー側にさほど大きなインパクトのあるものではなかった。

「しかし、今度のテスラはすごい」と、夏野氏は力説する。

次ページ「今までのセコいカーナビ画面は何だったのか」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。