ひろゆき氏と考える「会社員を楽しむ極意」

幸せそうな会社員は一癖ある?

原田:2013年2月にニワンゴ取締役をお辞めになっていますけど、また次もライバルがいないマーケットを何か見つけたいと?

ひろ:まあ、やっているうちに出てくればやるかなあ、という感じですけどね。

原田:老後のイメージなどはあるのでしょうか。

ひろ:僕が想像していた老後が、おそらく今なんですよ。ダラダラ好きなことをやって、たまに「これをやりたいな」と思ったことをやる。早送りしすぎましたね(笑)。割と達成しちゃったので、どうしようかなと(笑)。

まあ、たぶん、このままダラダラが続くんじゃないですかね。どうせ何かをやるんだったら、失敗しない方向でやります。そのほうが得だし楽ができるので。

原田:でも、何かをやること自体が、一般的には“努力”に映ると思いますけど。

ひろ:最初は「こういうものを作ったらどうなるんだろう」と、リアクション見たさで観察から入るんですよね。それで、作っているうちに「これはこの方向で伸ばしていったほうがいい」「これはこっち側にいくとライバルにぶつかるから避けよう」と、いかに手を抜いて続けられるかといったスタンスでやっていくのです。まあ、つねに観察はしています。

原田:でも、観察しているときは、人のリアクションを見るのが喜びだったり、世の中をちょっと驚かせたいといった気持ちがあるんですよね。

ひろ:人のリアクションを見ているのが好きですね。海外に行ってもずっと人を見ています。だから、割と観察しているだけで満足なのかもしれません。

原田:自分がリーダーになって目立って進めていく感じではないのですか。

ひろ:そうですね。想像外のことが起こると楽しいです。想像と全然違うことをやる人がいると、「ああ、こういうやり方があるんだ! へえー」と、思う。発見が面白い。

原田:観察を楽しむって、完全に貴族ですよね(笑)。

ひろ:そうですね(笑)。だから、別に僕がやらなくてもいいんですよ。面白いものを作る人がいて、「ああ、こうなるんだ、へえー」って見てるだけでも僕はすごく楽しいのです。

原田:まだまだお聞きしたいですが、今回はここまでにしたいと思います。ありがとうございました。

(構成:佐藤ちひろ)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT