トイレットペーパーの知られざる「表と裏」

裏側でふく人は、ちょっと損をしているかも

「スコッティ シャワートイレ用」

そこで、同社では2010年にシャワートイレ用のトイレットペーパー「スコッティ シャワートイレ用」を発売した。これは「ふんわり厚手」で「3倍のスピード吸収」が特徴。ペーパータオルの性能をトイレットペーパーに付加した。

「ペーパータオルは水に濡れても破けにくい。一方、トイレットペーパーは水洗トイレに流すので、水に溶けなければならない。それを両立させる難しさがありました」

トイレの進化に伴い、消費者のニーズも変化していく。それに対応していけば、新たな需要を掘り起こせる。

ここから日本製紙クレシアのトイレットペーパー開発の歴史をたどる。

1963年、1ロール45円で発売

「スコットトイレットティシュー」

同社がロール状のトイレットペーパー「スコット トイレットティシュー」を初めて発売したのは1963年。高度成長期に公団住宅に洋式トイレが標準装備され、普及が進んだ流れと符合する。

といっても、当時は高級商品。1ロール単位で個別に包装され、標準価格は45円。シングルのみで、色はブルー、ピンク、白、黄色の4色。新聞広告を出し、百貨店の特設売り場で販売されるほど、目新しいものだった。

洋式トイレの普及とともにロールタイプのトイレットペーパーが広がっていく。

多ロール化が進む

ロール数が少ないと、買う頻度が多くなる。1964年に2ロールパッケージ、1970年に4ロールパッケージ、1985年に12ロールパッケージが発売され、多ロール化が進んだ。

だが、12ロールパッケージは持ち帰るのにかさばり、自宅でストックする際にもスペースを取ってしまう。

それを解消するため、1997年に8ロールで12ロール分の長さという、1.5倍巻きの商品を発売。12ロールパッケージに比べてかさばらず省スペースだが、同じ容量だ。買う頻度も取り替える頻度も少なくて済む。

しかし、発売してすぐは売り上げが伸びなかった。「12ロールパッケージがトイレットペーパーだという固定観念がすでに根付いていましたから。でも一度買っていただくと、リピーターになっていただける商品となりました。当時、洗剤などのコンパクト化が進み、“軽薄短小”がもてはやされた時代でもありました」。

次ページトイレットペーパーの多様化も進む
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT