インドへの長期出張者をどのようにケアすればいいのか?


主に開発しているのはDLFという企業です。このDLFという企業は、インド最大のディベロパーで、インドを代表する30企業で構成する株価指数SENSEX指数にも採用される大企業です。この会社がグルガオンに広大な土地を持っています。私企業でありながら、ある意味「街そのもの」と企業が同義のような状態が生まれています。

ゴルフ場などもあります。特に日本人が駐在したり、滞在したりする住所にはDLFの名前がついていることが多いです。新興高級住宅街のような場所で、ゲーテッドシティ(壁に覆われた街)までいきませんが、それに近い感じの街です。街の一区画に入り口があり、門番がいて、街の周囲を有刺鉄線で覆っています。周囲の雑音と切り離されており、快適に過ごすことができます(写真)。

 

 

この街が発展したことで、グルガオン滞在の出張者もデリーに行く必要はあまりないかもしれません。なかには「2ヶ月以上滞在していてデリーにすら行ったことがない。」という人もいます。会社とホテルの往復、たまに近くのショッピングモールで買い物をするだけという人もいるようです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT