インドへの長期出張者をどのようにケアすればいいのか?


モールはあっという間に増えましたが、現在進行形でさらに増えています。グルガオンは日本など外資系企業が多く、高所得の人が多いためショッピングモールが成り立つのかもしれません。

たかがショッピングモールされどショッピングモールなんですよね。車で移動中、トイレに行こうと思っても、以前は日本人が用を足せそうなトイレが、非常に少なかった。しかし、今ではモールがいたるところにあり、モールには駐車場があり、清潔なトイレがあり、ちゃんと紙も用意されています。これだけで、十分すばらしいです。

インフラもかなり整ってきており、停電の頻度は少なくなりました。高速道路が整備され、また、いまは、デリー市内と郊外の工場地帯であるグルガオンやノイダはそれぞれ地下鉄でつながっており、数年前と比較にならないほど交通は便利になりました。おかげで、渋滞が解消され、スケジュールの狂いも少なくなりました。

先日インドに行った際には、ほぼ完成したデリー地下鉄空港線の点検走行らしきもの(写真)を見ましたが、今月中に空港と既存の地下鉄がつながる予定だそうです。本当にあっという間の成長だと思います。

 

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング