インドへの長期出張者をどのようにケアすればいいのか?


モールはあっという間に増えましたが、現在進行形でさらに増えています。グルガオンは日本など外資系企業が多く、高所得の人が多いためショッピングモールが成り立つのかもしれません。

たかがショッピングモールされどショッピングモールなんですよね。車で移動中、トイレに行こうと思っても、以前は日本人が用を足せそうなトイレが、非常に少なかった。しかし、今ではモールがいたるところにあり、モールには駐車場があり、清潔なトイレがあり、ちゃんと紙も用意されています。これだけで、十分すばらしいです。

インフラもかなり整ってきており、停電の頻度は少なくなりました。高速道路が整備され、また、いまは、デリー市内と郊外の工場地帯であるグルガオンやノイダはそれぞれ地下鉄でつながっており、数年前と比較にならないほど交通は便利になりました。おかげで、渋滞が解消され、スケジュールの狂いも少なくなりました。

先日インドに行った際には、ほぼ完成したデリー地下鉄空港線の点検走行らしきもの(写真)を見ましたが、今月中に空港と既存の地下鉄がつながる予定だそうです。本当にあっという間の成長だと思います。

 

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT