インドへの長期出張者をどのようにケアすればいいのか?


モールはあっという間に増えましたが、現在進行形でさらに増えています。グルガオンは日本など外資系企業が多く、高所得の人が多いためショッピングモールが成り立つのかもしれません。

たかがショッピングモールされどショッピングモールなんですよね。車で移動中、トイレに行こうと思っても、以前は日本人が用を足せそうなトイレが、非常に少なかった。しかし、今ではモールがいたるところにあり、モールには駐車場があり、清潔なトイレがあり、ちゃんと紙も用意されています。これだけで、十分すばらしいです。

インフラもかなり整ってきており、停電の頻度は少なくなりました。高速道路が整備され、また、いまは、デリー市内と郊外の工場地帯であるグルガオンやノイダはそれぞれ地下鉄でつながっており、数年前と比較にならないほど交通は便利になりました。おかげで、渋滞が解消され、スケジュールの狂いも少なくなりました。

先日インドに行った際には、ほぼ完成したデリー地下鉄空港線の点検走行らしきもの(写真)を見ましたが、今月中に空港と既存の地下鉄がつながる予定だそうです。本当にあっという間の成長だと思います。

 

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT