HMVを買収したローソン、関心は店舗よりネット

既存の店舗は合理化も

HMVを買収したローソン、関心は店舗よりネット

コンビニ業界2位のローソンが、音楽映像ソフト販売大手のHMVを買収する。12月1日に、大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツから、全株を18億円で取得する計画だ。

HMVはショッピングモールを軸に37店を展開し、2010年4月期は売上高309億円、最終赤字46億円。1990年に英HMVの日本法人として上陸し、米タワーレコードとともに、洋楽の豊富な品ぞろえで業容を拡大させてきた。が、CD市場縮小を受け、07年には大和系ファンドが100%子会社化。今年8月には旗艦の渋谷店も閉め、ネット配信に押されるCD販売店の象徴となった。

ローソンにとっての関心も、実はHMVの店舗ではなく、ネットにこそある。

HMVオンラインは音楽ソフト販売でアマゾンジャパンに次ぐ国内2位。HMVの売上高の4割を占め事業収支も黒字だ。片やローソンも子会社ローソンエンターメディアのチケット販売は国内首位である。ローチケは前期、営業収入100億円、営業利益10億円と、業績は手堅い。

HMVの音楽ソフトと、ローチケのコンサートチケットやタレントグッズとは、客層も重なる。ローソンのポイントカード「Ponta(ポンタ)」は会員数2500万人を誇るが、HMVのネット会員470万人も十分魅力だ。

既存店舗は合理化も

一方、HMVでは店舗のテコ入れが進んでいる。CD市場縮小と店舗大量閉鎖で、商品力は劣化しているおそれがある。マスを狙い、売れ筋商品のみを頻繁に入れ替えるコンビニと異なり、音楽ソフト店はきめ細かな品ぞろえと目利きが勝負。「年に1~2枚しか売れないCDでも置いてあることがコアなファンを惹き付ける」(音楽業界関係者)。

次ページ当面、現体制は変えない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT