撃退不能?小学生母への「もっと働け」要求

「育児は終わったでしょ」と真顔で言う上司たち

でも一方で、「最近はどう?」とあいさつの気分で言っているだけこともあるので、あまり目くじらを立てると「面倒くさいヤツ」になってしまうかも。黙らせるにはあくまでスマートにちくり、くらいで済ませておきましょう。そして、以前も書いたけど、「このセリフ、この人で10人目だわ」とサンプルが増えたくらいに考えて、感情をため込まないのがいちばんです。

時代錯誤はそうだけど……そもそも上司の真意は?

2つ目の問題、「家庭のことを仕事に持ち込むな」「持ち込むヤツは未熟だ」っていう話、こういうことを本気で言っているとしたら、その人はそれ以上、偉くならないと思いますね。プライベートなことを考えないで仕事だけに打ち込んでいる人なんて、今、いるのかしらね。

「ワーク・ライフ・バランス」じゃなく、「ワーク・ライフ・インテグレーション」を指向する時代ですよ? もちろん「公私のけじめをつけろ」「スタンスに甘えを感じる」という指摘をしたいこともあるでしょう。でも、それならば、具体的な事実を指摘して指導すべきです。みんな一律にワークに24時間をささげるというのは、昔話以外の何物でもないし、そんな精神論だけでは、多様な人材をマネジメントすることなんてできない。それができない人が高いポジションに選ばれるわけがありません。

ただ、私は、このことについては、「撃退すべきかどうか」を見極めたほうがいいと思うのです。どうして、その上司たちは、あなたにそんなことを言うのでしょうか。あなたは「嫌み」だと言うけれど、本当にそうかなぁ。あなたはとても仕事ができる人で、テキパキと要領よくどんな仕事もこなしているのではないですか?だとしたら、上司はあなたをとても買っていて、「そろそろギアチェンジして、もっと成長してほしい」と思っているのかもしれないとは考えられないでしょうか

直属のメンバーではありませんでしたが、私の後輩ワーキングマザーにすごく仕事のできる女性がいました。彼女は、とても手際よく働いていて、成果も出していましたが、飛び抜けた評価は得ていませんでした。彼女はよく私に、「こんなに頑張っているのに認められない」と言って嘆いていましたが、私にも、その成果が彼女の出せる精いっぱいの成果だとは思えなかった。「飛び抜けた成果を出す工夫をしてみたら?」と言ってみると、彼女は私をきっとにらんで、「だって!」と叫びました。

わかるよ、わかる。すごく頑張って両立して、求められている成果をちゃんと出している。その努力もしている。でも、どこかで彼女は自分で設定した目標が、今の身の丈に合ったモノになってしまっていたのです。

目標っていうのは、100%を目指したら100%でしか達成はしないものです。背伸びして届くかどうかの目標を設定するから、120%で達成することもできる。そういう仕事での成長欲求が鈍ってしまうと、どうしても成長カーブがなだらかになりがちになります

次ページ今一度、会社に必要な人材へ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。