撃退不能?小学生母への「もっと働け」要求

「育児は終わったでしょ」と真顔で言う上司たち

彼女とあなたが同じだとは思いませんが、あなたは「本来、もっとできる」と思われているように感じるのです。あなたの上司は、「両立が楽になったはず」という思い込みが確かにあるかもしれないけれど、それ以上に、経験を積み、スキルを伸ばしたあなたが、「仕事はこのくらい」「職場の男性社員と遜色ない程度」と低めに目標をセットするのを、「もったいない」と思っているのかもしれない

これ以上あなたに何を望むのか、と書いておられますが、「遜色ない、ではなくて、飛び抜けてほしい」と望んでいるのではないでしょうかね。

私の後輩のようには声に出さなくても、「だって!」という気持ちが感じられたとき、期待のあまり、「家庭を言い訳にするな」と上司は口走ってしまったのではないかと思うのです。あなたがもし、その言葉尻だけをとらえて憤慨しているのなら、もちろん管理職たちも今イチだけど、あなたも今イチです。管理職たちは、あなたを「特別な存在のワーママ」ではなく、「会社に必要な優秀な人材」だと思って、もう一度、成長欲求のスイッチを入れようとしているのかもしれないのですから

敏感になりすぎてはいけない

もちろん、物理的な制約は消えません。先にも書いたように、制約はもっともっと増えていくことでしょう。それでも、働き続けていく、と決めているならば、家庭の充実と同じように、仕事ももっと充実させていくことを考えてみてはどうでしょう? すごく難しいし苦しいけれど、それこそが、ワーク・ライフ・インテグレーションの実現につながるのでは?

ぜひ、管理職の方たちに、素直に「どういう意図でそう言っているのか」「私への期待はどのようなものか」を問うて、判断してみていただきたいと思います。私の予想では、ただ単に、「お前、育児にかまけてないで、もっと働けよ! 手を抜いてんじゃないぞ」なんてことじゃないと思うな。もし、本当に単なる精神論だけだったら、「24時間働けっていうの、ブラック企業認定、かつ、パワハラですよ~」とビビらせて撃退するしかありませんが。

堂薗稚子さんの著書『 「元・リクルート最強の母」の仕事も家庭も100%の働き方』(角川書店)も発売中です

そして、「そもそも……」ですが、ワーキングマザーだからキャラ変更しないといけない、なんてこと、あるわけありません。子どもを育てながら働くうちに、どんどん「お母ちゃんキャラ」に変化してしまった私のようなケースはありますが、無理なキャラ変更でニコニコしても、ばっちり見抜かれて、「目が笑ってない」とか言われちゃうことでしょう。あなたは、自分が思うほど「両立に苦労しているワーキングマザーだ」と、変に特別扱いされていないだけなのかもしれません。「両立しながらも、もっと仕事でも成果が出せるヤツ」なんですよ、きっと。

周囲に対して、敏感になりすぎ、攻撃的になると疲れます。「あら、私ってけっこうイケてるワーママなのかな」くらいにとらえてみたらどうでしょう? ここは奮起して、上司と話し合って仕事で飛び抜けけた成果を出し、両立もばっちりして、会社にとっても「自慢のワーママ」になっちゃえば? すごーく偉くなったら、「堂薗姐さんに励まされたわ~!」とか、私のことも思い出してくださいね♪

 ※読者の皆様からのお悩み、ご相談を募集します。こちらのアドレス(onna-sodan@toyokeizai.co.jp)まで、年齢、ご職業等を記載のうえお寄せください。掲載は匿名といたします。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。