「資格ランキング」ほど無意味なものはない!

己の「理想」と「現実」のギャップに目を凝らせ

また、①も②も同時に勉強できる、という意味では、中小企業診断士は幅広な知識を身につけることができるので最適です。

私の弁護士の友人の中にも、中小企業診断士の資格を取ろうとしている人を何人も知っています。「法律の専門家がなぜ?」という感じがしますが、これは至極「あるある」な話。

弁護士という仕事は、単に事案に法律を適用するだけではダメで、どうしたら企業のビジネスにプラスになるか、というところまで踏み込んで考えられないと付加価値を提供できません。「法律的にはこうです」という回答だったら、誰がしても同じだし、下手したらネットでもそんな知識は手に入ります。

ただ、たとえば

「このまま突き進む選択肢と和解する選択肢があり、それぞれの結果の蓋然性はこの程度。経営者の立場としては、こことのビジネスの終了により新たに取引先を模索する必要があり、現在の市場環境を考えるとそのコストはかなり高い。総合的に考えるとここで和解しておいた方が無難」

といった経営的視点を踏まえたアドバイスができれば、ネットでは探せない付加価値が出てくるわけです。そうしたアドバイスの素養を身につけるために、中小企業診断士の資格はうってつけです。

このことから、法律の仕事ならこの資格、営業の仕事ならこの資格、といった考え方に意味がないということもわかっていただけるのではないでしょうか。資格は自分の「理想」と「現実」のギャップを埋めるためのもの。それ以上でも以下でもないことを覚えておいてください。

資格は通過点。だけど受かってから言え!

以上、自分を深く分析してその問題意識に沿う資格を目指すべきとお伝えしましたが、もうひとつ重要なことは、資格に受かったらそれでおしまいではないということです。資格取得は一定のレベルに達した証拠になりますが、その知識を生かすには実践で積極的に使っていくことが必要です。

そして、試験である以上、受かることも超重要。実務でよく使う知識は試験で問われることも多いですし、何より承認欲求が満たされ自信につながります。「受かったからってなんにもならないよ」というセリフは、合格した後に吐いてくださいね(笑)。

ご質問者様がさらなるスキルアップを果たされることを切に願っております。ではまた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT