「オミクロンと花粉症」似た症状を区別する方法 「咳や鼻水」抗アレルギー薬で対処していいのか

印刷
A
A
花粉症の症状と新型コロナウイルス感染の症状との違いとは?(写真:takeuchi masato/PIXTA)

新型コロナウイルス感染症の勢いはとどまるところを知らず、SARS-CoV-2 B.1.1.529系統(以下、オミクロン株)の感染者数は連日5桁を記録しています。感染者や濃厚接触者の著しい増加によって、職場は深刻な人員不足に陥っており、以前のようにじゅうぶんな自宅隔離期間を経ないうちに復職せざるをえない状況となっています。

また、オミクロン株はこれまでのものと比較して症状が軽度であり、感染していながら無症状の方も多くいらっしゃいます。感染力が強いがPCR検査で検出しづらい「ステルスオミクロン」の存在も報告されています。したがって、街中には濃厚接触者や無症状の感染者がどこにでもいる状態であり、いつ自分がオミクロン株に接するわからない状況といえます。

オミクロン株と花粉症はどう区別する?

同時に、この時期は花粉症の症状があらわれる時期でもあります。花粉症は、現在日本人の4人に1人がかかる国民病であるといわれており、子どものときに無症状でも大人になってからはじめて症状が出る方も少なくありません。そして、オミクロン株と花粉症の症状は似ているために区別が難しく、咳や鼻水が出たときに花粉症の治療として抗アレルギー薬を飲むべきか、職場に伝えて抗原検査をするべきか迷った結果、不安を抱えて受診する方が増えています。

この連載の一覧はこちら

今回は、正しくご自身の症状に対処するために、この2つの疾患をどのように区別したらよいかお伝えしたいと思います。

まず、現在大流行しているオミクロン株の主な症状は鼻水、咳、のどの痛み、倦怠感、頭痛、発熱です。このうち咳はコンコンという空咳が主ですが、痰の絡むような咳(湿性咳嗽)もよくみられます。頻度は少ないながら嗅覚障害や味覚障害が起こる方もいます。

これらの症状は花粉症でも十分起こりえます。鼻水や咳、くしゃみは代表的な症状であり、加えて鼻が詰まることで嗅覚障害・味覚障害のような症状があらわれるほか、頭痛や倦怠感、熱っぽさを訴える方も多くいらっしゃいます。

このように両者の症状はとても似ていますが、花粉症とオミクロン株を区別できる点は、実はいくつもあります。まず大きく違うのが目のかゆみの有無です。これは、花粉症ではよくみられる症状ですが、新型コロナウイルス感染症では報告がほとんどありません。

次ページ「鼻水」も違う
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT