「金がないと幸せになれない」と思い込む人の盲点 「幸せになるためのツール」を見落とす本末転倒

印刷
A
A

でも本当は、お金と幸せの間に相関関係はほとんどないのである。もう少し具体的に言えば、幸せになるために「使える」ツールは、もちろんお金もその中の一つではあるが、その他にも世の中に五万とあるのだ。

例えば、太陽、水、風、木や草や花、鳥、虫、友達、家族、笑顔、挨拶、歩くこと、走ること、スキップすること、ストレッチ、深呼吸、お寺や神社に参拝すること、風呂に入ること、料理すること、掃除すること……いやもうきりがないのでこの辺でやめときますが、このように無限にある「幸せになれるツール」の中で、お金とはその中のたった一つに過ぎない。

つまりは「お金があるかないか」だけで人の幸せが決してしまうという考え方は、どう考えても常軌を逸している。

結局、そのことに気づくか、気づかないかがすべてを分けるのではないだろうか。

というのはですね、「お金がなければ幸せになれない」とアタマから信じ込んでいると、先ほど書いたような、お金以外の幸せになれる4万9999個のツールにまったく目が行かなくなってしまうのだ。

あなたのすぐそばで、実に溢れかえるほどのたくさんのモノたちがあなたを幸せにしようとヤル気満々でスタンバイしていても、見る気のないものには何も見ることができない。気づかない。無視。いやはやこれこそ「もったいない」としか言いようがないと私は思うね。

なぜ「お金」がこれほど求められるのか

それでも、このようなもったいないことをした結果、あなたが全身全霊で追い求めている「お金」が手に入るのならいいんですよ。

でも何度もしつこく書いているように、これから爆発的経済成長なんてあるわけない。またこの度のコロナ禍や深刻な温暖化を考えても、人類の経済活動はすでに地球の限界を超えつつあると考えるのが普通だろう。その間にもわが国では人口は減り高齢化はどんどん進んで行く。つまりはわれらは、ことお金ってことに関して言えば、もう「詰んで」いるのだ。

今は将来世代からの借金でなんとかなっているかもしれないが、こんなこと永遠に続くわけない。そんな中でいつまでも「お金がなきゃ幸せになれない」などという狭い考えにとらわれていては、どう頑張っても幸せになれない確率があまりにも高い。

ってことで、当コラムもダライ・ラマとは行かぬまでも、そのお金の呪縛からたまたま抜け出すことに成功した人間として、その呪縛を解くための具体的な生活実践の方法を延々と書いているのであります。

次ページお金は全世界的スーパースター
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT