就活戦線の大穴、「秋採用」を狙え!

就活後倒しの余波で、戸惑う人が続出

「時間をかけて選考をしてきたのに、裏切られたような気分です」

と話してくれました。ただ、何とか元気を出していただくべく、これからできる新卒採用の手法を紹介してみたのですが、

「もはや予算がありません。追加申請をしても、しかられて却下されるだけです」

とのこと。予算ゼロで大学を回って、採用活動を地道にするようです。何とか学生が採用できるといいのですが……と願うことしかできません。

秋になっても、就活を継続する内定持ち学生が10%

では、どうしらたいいのか? ひとつのアイデアですが、夏までの採用をあきらめて、秋から勝負をかける方法を試みてはどうでしょうか(中小企業に限った話ですが)。秋時点(10月)で学生の内定率は80%前後になっています。ただし、大学生全体の就職活動実施率はまだ30%以上あるといいます(リクナビ調べ)。つまり、内定を持ったままで就職活動を続けている学生が、全体で10%以上いるのです。

春・夏の激しい戦いで勝ち残るための努力をするのが一般的ですが、秋の段階から参戦して、集中的に採用活動してみるのは意外と有効かもしれません。体育会系の学生や留学生の中には、秋から就職活動を開始する学生もいます。さらに、春・夏の就職活動では高望みしすぎたことを大いに反省して、

「自分のやるべき道が現実的に見えてきた気がします」

と秋の採用活動までに、大きく成長を遂げる学生もいるようです。

ちなみに当社がコンサル業務でかかわるメガネ業界の大手企業は、春・夏の選考で落ちた学生に秋にリベンジ応募ができる仕組みがあります。そして、秋の選考で高い評価を受けて採用に至るケースがいくつもあるとのこと。学生は就職活動を通じて大いに成長しているのがわかる話です。

このように、いっそ春・夏のスケジュールを考え随、秋に勝負をかける企業がもっと出てもいいのではないでしょうか。可能性は大いにあると思います。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。