男と女「話が通じない」であきらめないで

「自分と同じ」と思うからトラブルに

結局のところ、男とか、女とか、論理的とか、感情的とか、そういった分類は単なるツールにすぎません。

要は「自分とはまったく違う考え方・話し方の人が、世の中には存在する」ということ。

性別に限らず、あなたにとっての常識は、相手にとっての常識ではない可能性が、十分にあるということ。

ならばどうするか?

「自分とは違う人」と一緒に働くには?

もちろん簡単なのは「同じ人とだけつるむ」という選択。効率的ですし、話は早いし、ストレスもたまらない。ですが、実際のビジネスの現場ではそうもいきません。

さらに言えば、勝手に「あなたと私は同じ」と思い込んで話を進めようとするから、行き違いや誤解が生まれ、思わぬトラブルにつながるのです。

望ましいのは「違う考え」の存在を認め、面倒くさくても話し合い、時には相手に合わせて、粘り強く合意を形成していくこと。つまり「話なんて通じない」前提で、コミュニケーションに向き合うことが大事。

先ほどの中学生の例ではありませんが、人間ではない相手とイチから言葉を交わすようなエネルギーと初心が、対人コミュニケーションにおいては欠かせないのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT