男と女「話が通じない」であきらめないで

「自分と同じ」と思うからトラブルに

ですが実際にそうした「性別とは違うコミュニケーションタイプ」の人がいることが明らかになると、会場はちょっとした驚きに包まれます。

さらにワークでは、そのタイプごとにチームに分かれてもらうので、がっしりとした体格の営業マン男性が、瀟洒で可憐な女性たちに混ざっているのは、なかなかに興味深い光景です。

「男のくせに覇気がない」とか「女のくせに気が回らない」とか、あるいは「今年の新入社員は優柔不断で男らしくない」とか「うちの役員は女だから感情的で困る」とか、そういったことを表立っては言わないものの、心の底で思っている人は少なくないでしょう。

ですが実際には、男だけれど繊細な人や、女だけれど勝利至上主義の人は当然いるわけで、そうした違いをそのまま認めて一緒にやっていくことが、チームワークには欠かせません。

異性と話すのは犬と話すのと一緒!?

最近、読んだ西原理恵子のマンガの一節に「中学生の息子が『女と話すのは犬と話すのと同じ(それぐらい不可解)』とぼやいてる」というものがありました。

実際には、多くの男性も同じようなことを思っているかもしれませんが、これは中学生だから許される話であって、社会人・企業人ともなれば、そうもいきません。

もちろん逆に、女性のほうから「男心がわからない」という相談を受けることもしばしばです。

次ページ「話が通じない」前提でコミュニケーション
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT