ハマスタ、"座席の窮屈さ"ではワースト級

12球団のホームグラウンドへ行ってみた<5>

実は各イニングの合間に観戦客をスコアボードに大映しにする観客参加型ゲームでは、ベイスターズは先駆け的存在だ。この日のゲームは、新発売の応援グッズ・纒(まとい)を振るパフォーマンスで観客を競わせ、一番元気に振ったチャンピオンに、「金の纒」をくれるというものだった。

だいぶ前にヤクルトもマネをして傘を振るパフォーマンス競争をやっていたことがある(ここ数年はやっていない)。この時にチャンピオンに賞品として出されていたのが、やはり金の傘だった。

虎ファンだらけの3塁側にも、少数ながらベイスターズファンはいて、まさに孤軍奮闘状態。すぐ近くに座っていたベイスターズファンの小学生が、一生懸命纒を振っていた。

今期こそは黒字転換?

2009年シーズンに124万人だったベイスターズの観客動員数は、その後2年続けて減少。2012年シーズンに若干持ち直して116万人になったが、2013年シーズンは突如前年比122%と大幅増。142万人に達し、12球団中の動員数順位は、前年の最下位から10位へと2つ順位を上げた。しかも8位のオリックスとの差はわずか1万3000人だった。

通い慣れていない球場のことでもあり、この原因を筆者には自信を持って説明することは出来ない。このうちのいくらかはカープファンの功績だと思っているが、それだけでこれだけの伸びは示さないであろうとも思っている。

今シーズンは、筆者が観戦した阪神戦で、観客動員数100万人を史上最速で達成している。過去5年間の球団経営会社の当期純利益は、2009年12月期が5億円の赤字。2010年が100万円の黒字で2011年はプラマイゼロ。DeNAへの親会社交代初年度となった2012年は1億2100万円の赤字で、前期は3600万円の赤字。前半終了時点で観客動員数は改装効果もあるのか前年比12%増。今期こそ黒字転換出来るのかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT