ハマスタ、"座席の窮屈さ"ではワースト級

12球団のホームグラウンドへ行ってみた<5>

座席の取り付け方が特殊で、段差の一番前のところに取り付け具があるので、荷物を入れるスペースとしてはやや中途半端。筆者は通常、30リットルのゴミ袋を持参し、それにすっぽり荷物を入れて座席の下に押し込んでいるが、このスペースだと完全には入らない。

かなりグラウンド面に近いこともあって、段差はわずか9センチメートルしかない。筆者は視界方向側に通路があるような通路沿いの席を選んだので、この段差でも視界は遮られずに済んだが、視界方向と反対側の通路沿いだったら、この段差では視界を確保するのが困難だっただろう。ただ、この球場は人気カードでなければ基本的に空いているので、座席を移動すれば視界は確保できる。

コンコースやトイレに加え、スコアボードも劇的に代わった。相手チームの選手の詳細なデータまで出している楽天には及ばないが、ベイスターズ選手の成績がシーズン通算と当日の両方表示される。それ以外にも対中日打率など、バッターなら対戦相手チームに限定した打率とか、大砲ブランコのハマスタ打率など、興味深いデータが次々と表示される。今、目の前で投げているピッチャーの投球数も出る。

この球場もまた残念ながらブルペンは観客席から見えないが、ピッチャーが交代するときはベンチ奥からでてくるのではなく、内外野の境目のポールの下あたりから、車に乗って登場する。

ピッチャーが車に乗って登場するという演出は、昔はよく見た気がするのだが、今この演出をやっているのはハマスタとQVCマリン、甲子園の3球場だけである。

大忙しのチアリーディングチーム「diana」

チアリーディングチーム・dianaは、11球団(広島東洋カープを除く。第1回 マツダスタジアム広島の魅力とは?を参照)のうち、楽天のエンジェルスに次いで業務量が多い。ゲーム開始20分前のパフォーマンス、ゲーム開始時のホームチーム選手が守備に着く際の送り出しと、ラッキーセブンの盛り上げはどこの球団のチアもやる。ラッキーセブン以外に3回か4回あたりで一度、5回か6回で一度何らかのパフォーマンスがあるというのも標準的だ。この日のdianaは3回と5回の裏前のほか、6回表前にYMCAを踊り、9回裏前にも応援の盛り上げをやったので、標準より登場回数は2回多かった。

ちなみにこの日は中日のマスコット・ドアラとチアリーディングチームのチアドラゴンズも出張してきていて、6回表のYMCAはdianaとチアドラゴンズが入り交じり、1塁側、3塁側双方でコラボで踊った。ゲームは両チーム合計で16人のピッチャーが投じられ、延長12回までやった挙げ句に結局4対4の引き分け。dianaもチアドラゴンズもゲーム終了後の仕事はなかった。

次ページ虎ファンの観戦の様子は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT