正月太りに悔やむ人が知っておきたい脂肪の真実

皮下脂肪がなくなったナタリーに起こった悲劇

何かと悪者になりがちな「脂肪」。あなたはその脂肪のこと、どれくらい知っていますか(写真:Deja-Vu/PIXTA)
「脂肪」と聞いて、よいイメージを思い浮かべる人は少ないでしょう。食べすぎてジーンズの上に乗っかったお腹を見て落胆したことは、誰もがあると思います。メディアや広告でも、「ダイエットをして、醜い体脂肪とお別れしよう!」「スリムになって、新しい人生を手に入れよう!」と、現代において脂肪は立派な「悪者」に仕立て上げられています。
ですが、「脂肪は私たちの体に欠かせない、重要な器官です」と語るのは、医師で医学博士のマリエッタ・ボンとリーズベス・ファン・ロッサムです。脂肪は、食欲を抑えたり、健康を維持したりするために必要なホルモンを産生してくれます。健康的に痩せたいなら、脂肪についての正確な知識を持ち、最大限に利用することが重要です。両氏による共著『痩せる脂肪』から、自身の体と健康的に向き合っていくためのヒントを紹介します。

三が日も最終日を迎え、そろそろ平常運転の生活を取り戻そうと考え始める人も多いのではないでしょうか。この時期に気になりだすのが、「正月太り」の影響です。生活が元通りになっても、あなたの体型は元に戻らないかもしれません。

2021年12月23日、フィットネスメディアQOOLを運営する株式会社ORGOが、「正月太り」に関するアンケート調査の結果を発表しました。 その結果、正月太りで経験した体重増加は平均2.7kg、解消までに1カ月以上かかった人が半数を超えることが明らかになりました。

クリスマス、忘年会、おせち料理、お雑煮……。楽しかった年末年始のツケを払うかのように、誰もが自身の脂肪に悩んでいます。

ですが、実は脂肪は、かつては富や健康の象徴でした。それどころか、健康に生きていくためにはなくてはならない不可欠な存在です。このやっかいな同居人のことを理解し、うまくやっていくことが、本当に健康的な生活につながります。

人が生存するために必要な存在だった

それでは脂肪は、いつから「悪者」になってしまったのでしょうか。その歴史をみていきましょう。

現在、私たちの世界には食べ物があふれています。食料を手に入れるために苦労して探し回る必要はなく、ただスーパーで買い物かごをいっぱいにすれば目的達成できます。ですが、先史時代の先祖たちはそういうわけにはいきませんでした。

彼らは食べ物を探して歩き回らなければならず、毎日何キロも移動し、何の収穫もないままに家族のもとへ帰らざるをえない日もありました。しかし幸運にも彼らには、いつでも頼りにできる貯蔵庫がありました。それが体脂肪です。

次ページ体脂肪のおかげで人類は生き延びた
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT