食虫植物が「虫を食べなければならない」納得の訳

言われてみると気になる身の回りの雑学を紹介

食虫植物はなぜ、虫を食べなくてはならないのでしょうか? (写真:i-flower/PIXTA)
動物園のクマは冬眠するか?
イカのスミとタコのスミ、同じようで同じではない?
階段でタンスを運び上げるとき、上と下ではどちらが重いか?
こうした「言われてみれば気になる」雑学ネタが、新著『1分で子どもにウケる すごい雑学』では多く紹介されています。同書より、一部を抜粋・編集のうえお届けします。

食虫植物はなぜ、虫を食べなくてはならないの?

温室や室内で育てているのではわからないが、食虫植物の生育環境は高い山の高層湿原地帯と呼ばれるところが多い。気温が低く、水分はたくさんあるが清らかすぎて、落葉があっても分解するバクテリアがいない。こんなところに生えている植物はそのままでは栄養不足となる。そこで、虫を捕食して栄養を得ているわけだ。ウツボカズラなどを見ればわかるが、虫を食べるといっても、粘液で逃がさないようにし、消化液でゆっくり分解吸収するのである。

夕立の雨はなぜ、あんなに超大粒なの?

夕立は入道雲が広がって降る。入道雲はカミナリをともなう雲である。稲妻が走り雲は帯電している。そんな雲から降ってくるのだから、雨粒も帯電している。当然、雨粒同士のプラス側とマイナス側が引き合ってくっつく。どんどんくっついて、やがて超大きな雨粒になる。そんな雨粒が狭い範囲に集中するので、滝のような雨になる。

田舎の空気はなぜ、おいしいの?

田舎の空気がおいしいのは、排気ガスに汚染されていないからだけではない。緑によって、新鮮な空気がどんどんつくられているからである。植物は二酸化炭素を吸収し酸素を捨て、動物は酸素を吸収し二酸化炭素を捨てているが、都会は、緑が少なく人口が多いのでこのバランスがくずれている。

高さ10メートルの樹木で、6人分の酸素が供給されるが、そんな大木がたくさん生え、草が生い茂っている田舎では新鮮な空気がどんどんつくられているのである。

車で激しいカミナリにあったらどうするべき?

海水浴場の駐車場などで激しい雷雨に遭遇すると、日頃冷静な人でもちょっと慌てるだろう。周りに建物も何もない広場の駐車場だったら、どこに避難したらいいか。鉄製の車に落雷する確率は非常に高いように思ってしまう。が、心配はいらない。車に落雷しても電流は車体の表面を通って地面に逃げるので、中の人は感電しないのだ。

次ページ送電線に止まっている鳥が感電しないのはなぜ?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT