外来種を悪とする「池の水ぜんぶ抜く」の疑問点

テレビ番組だけではわからない問題点もある

人気番組にも、いろいろな課題点があるようです(写真:CRENTEAR / PIXTA)
身近な池や川で見られるミシシッピアカミミガメにアメリカザリガニ。ブラックバス、コイ、カミツキガメ……これらはすべて人によって持ち込まれた外来種。この外来種という言葉をお茶の間に広めたのがテレビ東京の人気番組「緊急SOS! 池の水ぜんぶ抜く大作戦」だろう。
しかし番組を観ているだけではわからない問題点もある。朝日新聞科学医療部の小坪遊記者の新著『「池の水」抜くのは誰のため?――暴走する生き物愛』より一部・抜粋、再構成して紹介する。

番組のホームページやこれまでの放送内容をまとめると、次のような流れで番組は進行します。

①身の回りの池や沼などで、水を抜いてきれいにしたい場所や、「迷惑外来生物」「危険生物」を駆除したいところなどの情報が視聴者から寄せられる。視聴者は個人の場合も団体の場合もある
②ロケーションが決まると、水やヘドロを排出し、池や沼の水深を浅くして、捕獲作業を行いやすいようにする
③参加者らが魚などを捕まえる。その過程で特定外来生物などの影響の大きな外来種や、しばしば絶滅危惧種などの貴重な生物も見つかる
④外来種と元からいた生き物「在来種」をよりわけて、外来種は除去、在来種を元に戻し、池や沼をきれいにする

各回の副題もなかなか魅力的です。「危険生物から日本を守れ!池の水を全部抜いて全滅大作戦」(第1弾)、「”池の水ぜんぶ抜いて”迷惑○○を全滅させよ!」(第2弾)、「宿敵!カミツキガメ捕獲に挑む!」(第9弾)、「大量捕獲だ!怪物チョウザメ!? 史上最大ハクレン軍団」(第17弾)、「地獄の水路で大量捕獲 巨大怪獣デカガメラ!!」(第21弾)、などです。

出演者と外来種の熾烈な戦い

例えばカミツキガメは、特定外来生物に指定されており、名前の通りかみつくことで人にけがをさせる恐れがあります。最大で甲羅の長さが50センチ近くなり、陸に上げられると特に攻撃的になるといいます。大きなカメにかまれた場合は大変なことになりそうです。

ハクレンは中国などが原産の淡水魚で、最大で1.2メートル、30キロにもなる巨大なコイの仲間です。捕まえるのも一苦労でしょう。番組では、出演者とこうした外来種の熾烈な戦いが行われることがうかがえます。そして視聴者は「我々vs外来種」の観戦者となって、思わず熱くなってしまいます。

2017年1月に初回が放映されたこの番組には、芸能人やアイドル、政治家までもが参加し、一大テレビイベントといった様相を呈しています。この番組によって、外来種が日本のため池にすむ生き物を食べてしまう問題や、「かいぼり」(池干し)という言葉への認知度が高まったことは事実です。しかし、番組にはいくつかの問題点があるように感じています。

次ページ「かいぼり」はメンテナンス作業 
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT