わずか3日で激変「オミクロン」に襲われたNYの今

市中感染でよみがえる感染爆発「悪夢の記憶」

ニューヨーク市にあるPCR検査センターの前に並ぶ人々。ニューヨーク州ではこの2週間で新規感染者数が60%増えた(写真:Desiree Rios/The New York Times)

休日の計画が突然変更になり、レストランが閉まり、ブロードウェイのショーが中止になる一方で、数ブロック先の屋外検査場には長蛇の列ができる——。まるで2020年に引き戻されたかのような光景だ。

新型コロナウイルス感染者数の驚異的な増加は、ニューヨーク市とその周辺地域に衝撃を与えている。またしても、ほとんどの人の身の回りで感染が起きているのだ。

ニューヨーク市では何百万人もの人々が当局のガイドラインに従い、2回、あるいは3回のワクチン接種を受け、外出してレストランの中で食事する、地下鉄に乗る、友人たちとパーティーをするといったように、ここ数週間から数カ月にわたってかつての日常を取り戻していた。が、今では不透明な未来に直面している。

感染者数が2週間で60%増

「怖いです。以前と同じことを経験しているようで」。12月16日、ブルックリンのフォート・グリーン地区にある検査場の外で長い行列に並んでいたエマ・クリッピンガー(36)はそう話した。「2020年とか、前回の冬みたい。ワクチン接種が進んでブースター接種も行われているのに。でも対策は変わらない。(新型コロナに)やられっぱなし、って気もするけど」

2020年に新型コロナ感染の震源地となったニューヨーク市などの北東部は、新たな感染急増に打ちのめされている。長く待ち望まれている「日常への復帰」の妨げとなるのは間違いない。ニューヨーク州の新規感染者数は、この2週間で60%近く急増した。

ビル・デブラシオ市長は16日、「オミクロン株がニューヨーク市で猛威を振るっているのは明らかだ」と述べた。

だが、アッパー・ウエストサイドで検査の列に並んでいたデイドラ・デプケ(59)に、市長のそんな言葉は必要なかった。「月曜日(13日)にはまったく気にしていなかったのに、木曜日(16日)にはすっかりパニックよ」。

次ページ約1年前に逆戻り
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT