「オミクロン株」科学者たちが強く懸念する理由

これまでにない早さで研究が始まっている

11月23日に南アフリカでその存在が確認されてからというもの、世界中の科学者たちが猛スピードで「オミクロン株」の研究を行っている(写真:Joao Silva/The New York Times)

新型コロナウイルスの猛威が再び世界中に広がる恐れが出ている中、各国はアフリカ南部からの空路を遮断している。そのような状況下、11月28日、研究者たちは新たなオミクロン株のデータを集めるために奔走した。調べたいのはオミクロン株の能力と、そして、おそらく最も重要と思われる、現行のワクチンがこの変異株に対してどれくらい有効かということである。

初期の調査結果は複雑なものだった。取材に答えた専門家の話によれば、この変異株はこれまでのウイルスの株よりも感染力が強く、ワクチン接種、および自然感染両方に対する身体の免疫反応を回避する能力が高い可能性があるという。

実態把握には数週間を要する

ワクチンが重症化や死亡を防ぐのに効果的であることに変わりはないものの、多くの人々を守るためには、ブースター接種が必要になるかもしれない。しかし、最も効果のある2つのワクチンを製造するファイザー/ビオンテックとモデルナはまだ、必要があればワクチンの組み換えを行うため、準備をしている段階である。

「われわれは切実な問題としてこの新たな変異株に警戒し、備える必要がある」と、シアトルにあるフレッド・ハッチンソン癌研究センターの進化生物学者、ジェシー・ブルーム氏は話す。

「おそらく数週間のうちには、この変異株がどの程度広がっているのか、そして変異株ワクチンの開発を進める必要性がどの程度あるのかということについて、より深く把握できるだろう」と、ブルーム氏は言う。

科学者たちがこの新たな変異株について精力的な調査を開始した一方で、世界中の国々はオミクロン株が最初に確認されたアフリカ南部諸国との往来を遮断した。こうした制限にもかかわらず、このウイルスはイギリスを含むヨーロッパ6カ国のほか、オーストラリア、イスラエル、香港でも見つかっている。

現時点ですでに、南アフリカのハウテン州で1日に新たに確認される2300件の症例のほとんどをオミクロン株が占めている。シリル・ラマポーザ大統領は28日、こう発表した。全国的に、新しい感染者の数はここ1週間で3倍以上になり、検査の陽性率は2%から9%に上昇した。

次ページこれまでの変異株より迅速に対応
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT