言う通りにやるんやったら、きみは要らんよ

経営者は成果を上げなければならない

6月の終わりごろ、私の報告をじっと聞いていた松下が「まあ、そういう結果なら、しゃあないな。君たちが一生懸命やった結果や。そうそう簡単にはよくならんわ。まあ、このPHPをはじめて30年間、ずっと赤字や。一度も黒字になったことがないんやから。心配せんでいい」と言ってくれたときは、正直、少しの安堵と、これからも松下さんの指示を忠実に、社員全員で取り組んでいこうと思った。

しかし、「すいません」と言いながら、松下幸之助の顔を見ると、厳しい形相をしている。仰天して、安堵から恐怖に暗転した。

厳しい口調で「きみは要らんよ」

身を固くしていると、松下は一言、厳しい口調で、こう言った。

「きみ、わしの言う通りにやるんやったら、きみは要らんよ」

このひとことに、私は、戦慄を覚えつつ、そうか、そういうことか。松下さんの言う通りではなく、松下さんの言うこと以上のことをしなければならないんだ、成果を上げなければいけないんだ、と理解した。

それから、私は、松下の指示通り、『PHP』誌の販売部数拡大策を継続しつつ、それだけではなく、書籍中心の出版に踏み切り、結果、とりあえず、その年度末の9月に5000万円の利益を上げた。

その後、私は、松下の指示の通りではなく、松下の指示の本質は何か、なにが基調なのか、松下幸之助の言葉より、その言葉の奥の指示を読み取り、松下の言う本質を根底にしつつ、松下の言葉による指示以上の成果をあげる工夫をした。雑誌の多種化も友の会活動も、研修活動もシンクタンク活動も、松下の指示の本質を、私なりに読み取り、松下に進言、始めたものである。

結果、経営者として34年間を過ごし、退任の2009年までに売り上げを230億円、内部留保も80億円に仕上げることが出来た。赤字は、この間、一度も出すことはなかった。社員数は、320名。

いまでも、松下幸之助の「きみ、わしの言う通りにやるんやったら、きみは、いらんよ」という声を鮮明に思い起こすことが出来る。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT