中国ネット出前「美団」、独禁法罰金で赤字に転落

新規事業「社区団購」の損失も業績の重しに

美団は自社のネット出前サービスを利用する飲食店との排他的契約が独禁法違反と認定され、売上高の3%に相当する罰金の支払いを命じられた(写真は同社ウェブサイトより)

ネット出前や旅行予約などの生活関連サービスを手がける中国の美団(メイトゥアン)は11月26日、2021年7~9月期の決算を発表した。売上高は488億元(約8808億円)と前年同期比37.9%の増収を達成。その一方、投資損益やストックオプションなどを控除・調整した非国際会計基準ベースの純損益は、前年同期の20億5000万元(約370億円)の黒字から55億2600万元(約997億円)の赤字に転落した。

純損益の大幅な悪化は、中国政府から科せられた罰金の支払いを損失として7~9月期に一括計上した影響が大きい。中国の独占禁止法の執行機関である国家市場監督管理総局は2021年10月8日、美団が自社のネット出前サービスを利用する飲食店に対して求めていた「二者択一(取引先に対して競合他社とは取引しないよう迫る行為)」を独禁法違反と認定した。

これにより、美団は独占契約の保証金として飲食店から徴収していた12億8900万元(約233億円)の全額返却と、34億4200万元(約621億円)の罰金の支払いを命じられた。同社にとって、この罰金額は2020年の国内売上高の3%に相当する。

罰金の損失を7~9月期に一括計上したのは、将来の業績への影響を断ち切るためだ。「わが社は(飲食店と結んだ)すべての独占契約を取り消し、保証金を返却した。今回の罰金が会社の財務に与える影響は限定的だ」。美団CEO(最高経営責任者)の王興氏は、決算説明会でそう説明した。

稼ぎ頭のネット出前は2桁の増収増益

だが罰金の影響を差し引いても、美団の経営は必ずしも順調とは言えない。本業の収益力を示す営業損益は、7~9月期は101億元(約1823億円)の赤字であり、そのほんどが新規事業の損失である。損益計算書の「新規事業およびその他事業」の項目に計上された赤字額は、前年同期の5倍の109億元(約1967億円)に上る。

なかでも大きな損失が生じているとみられるのが、「社区団購」と呼ばれる地域コミュニティー向けのオンライン共同購買サービスだ。美団の社区団購サービスについて、王CEOは「事業の成長速度は当初想定を下回っているが、今後も投資を続けて冷凍・冷蔵物流を含むサプライチェーンを改善し、経営効率を徐々に引き上げていく」とコメントした。

本記事は「財新」の提供記事です

美団にとって幸いなのは、最大の稼ぎ頭であるネット出前サービスが好調を維持していることだ。7~9月期のネット出前の売上高は前年同期比28%増の265億元(約4783億円)、営業利益は同14%増の8億7600万元(約158億円)と2桁の増収増益を達成した。

(財新記者:銭童)
※原文の配信は11月26日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT