「対面が増えた今」使いたい「人脈、広げる」3秘訣

日本人が知らない「すぐ仲良くなる方法」は?

「対面が増えた今」こそ使える「人脈を広げる」3秘訣を紹介します(写真:MediaFOTO/PIXTA)
日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチなどのプライベートコーチング」に携わり、これまでに1000人の話し方を変えてきた岡本純子氏。
たった2時間のコーチングで、「棒読み・棒立ち」のエグゼクティブを、会場を「総立ち」にさせるほどの堂々とした話し手に変える「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれ、好評を博している。
その岡本氏が、全メソッドを初公開した『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』は発売後、たちまち15万部を突破するベストセラーになっている。
コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「『対面が増えた今』こそ使いたい『人脈を広げる』簡単3秘訣」について解説する。

戻りつつある日常に生まれた「新たな問題」

新型コロナの感染者数も激減し、出勤日が増え、大学キャンパスでの授業も始まるなど、恐る恐るですが少しずつ日常が戻りつつあります。

『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

感染者数低下や制限の解除で、「久しぶりに友人と顔を合わせた」「食事をした」「一緒に出かけた」という人もいらっしゃるでしょう。私も、久しぶりに友人らと顔を合わせ、おいしいものを食べ、おしゃべりをして、あっという間に心が通じ合う楽しさを実感しました。

一方で、「久しぶりに出社した」「学校の授業に初めて参加した」といった人のなかには、「なんとなく話しづらい」「どうやって一から友達をつくれるのか」「いい関係を築けるのか」と不安を感じる人も少なくないようです。

対面で会う機会がめっきり減っていたこともあり、「人と話すのが、なんだかぎこちない」という声も聞こえてきます。一方で、リモート勤務者が増えるなか、「実際に会う機会」が少ないまま、という人も少なくありません。

そんな環境下でも、「あっという間に人との距離が縮め、人脈や友人・知人の輪を広げる方法」はないものでしょうか。リモート時代だからこそ知っておきたい、「超高速つながり術」の秘訣をお教えしましょう。

次ページ「飲みにケーション」が難しくなり…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT