脱オフィス一本足!進化するポスト・イット

超アナログなのに手放せない製品の育て方

だが、ふたを開けてみれば、それは杞憂に終わっている。ポスト・イットにとって幸いだったのは、「単純な機能だが、ビジネスシーンでは必須かつ代替不可能な文具として浸透していたこと」と、伊藤さんは話す。そのため、「会社が買わなくても、自分で買って使うユーザーが少なくない」というのだ。

それならば、自腹で買ってくれる人にもっと楽しめるものを――。これまでのポストイットとは違った、パステル色以外の色を使ったもの、ハート形などこれまでなかった個性的な形にしたものを次々と投入している。これを契機に、自分の気分やテンションを上げるためオフィスで個性的なポスト・イットを使うユーザーが増えたと同時に、家庭や友人同士など、プライベートでもポスト・イットが使われるようになった。

オフィス以外でのニーズをくみ上げる

2013年に登場した新シリーズ「シルエットデザイン」

2013年には、「シルエットデザイン」という新シリーズを上市した。お花や動物などの形をあしらった8種の個性的なデザインのものだ。単にデザイン性を追求しただけでなく、「多く書けるスペースがある」あるいは「一言で書けるスペースがある」という、ポスト・イットユーザーのさまざまな投球に答えている。

ポストイットは非常にアナログなものだが、「今後はデジタルとの融合などどこまで可能かを追求したい」と伊藤さんは力を込める。

すでに、パソコンやスマホ向けアプリケーションとして使われている「Evernote」と連携できるポストイットも販売しているが、「紙もデジタルも両方使う人にどんな便利なものを提供できるか。それが考えどころ」(伊藤さん)。

同時に、前述したようなプライベートでの利用を増やす、あるいは学校などの教育現場で重宝する商品の開発も課題に上がっている。その一環で、3Mは、付箋の特徴をうまく生かした勉強法をサポートする製品「楽しく学ぶふせんシリーズ」を2013年7月に発売し、これまでのオフィス利用にとどまらない提案を強化している。顧客層をさらに広げることができるか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。