仕事道具を減らすと、集中力がみなぎる

【特別対談】土橋正×本田直之(下)

 書類整理、名刺・スケジュール管理など、仕事をする前に、その準備に時間をとられていないだろうか。結局、クリエーティブな仕事をするためには、モノを少なくした方がよいのだ。では、どうすればモノを少なくできるのか?
『モノが少ないと快適に働ける』(小社)を著した、ステーショナリーディレクターの土橋正氏と、ベストセラー『レバレッジ・リーディング』(同)の本田直之氏が、最新の仕事術について2回にわたって考える。後編のテーマは、仕事道具について。
前編はこちら→「モノが少ないと、快適に働ける」
土橋氏のオフィス。きわめてシンプルだ(撮影:尾形文繁)

仕事でいちばんパワーを注ぐべきことに、集中する

土橋 今回のテーマは「仕事道具」です。私は、文具をテーマに仕事をしているので、以前自宅で仕事をしていたときには、お気に入りの文具をぎっしり並べていた。でも、すでに話したように、モノが少ないほうが快適で、仕事にも集中できるということがわかってからは、最小限のモノしか置かなくなった。それはかなり徹底していて、今のオフィスの机には引き出しがないんです。

それじゃあ、仕事道具をどこにしまっているかというと、ペンケース。これが私にとっての引き出し。「これでは足りない」と思うかもしれないけど、私にとっての引き出しは、この小さなスペースしかない、と覚悟を決めさえすれば、できるものなのです。パーキンソンの法則に「仕事の量は完成のために与えられた時間を満たすまで膨張する」というのがあるけど、「モノも収納スペースの大きさギリギリまで増える」と思っている。ならば、そもそも収納スペースを小さくしようという発想。私の場合のモノを減らすコツは、収納スペースを小さくするというのがあるね。

本田 昔とは大きく変わったということですね。

土橋 そうだね。そのペンケースの中には、0.5ミリと0.7ミリのシャープペン、ボールペン、鉛筆、赤青鉛筆、ハサミ、消しゴムくらいしか入れていない。モノが少ないと、たとえばどのペンを使おうかと「選ぶ」必要がなくなって、すぐに必要なペンが手に取れて仕事に向かえる。仕事でいちばんパワーを注ぐべきは「選ぶ」ではなく、「考え」て「創造する」ことだと思う。モノが少ないと、それがスムーズにできる手応えがある。

本田 僕も万年筆などを使っていた時期がありましたが、iPhoneとEvernoteを使うようになってからは、筆記具で文字を書くということが格段に減りました。今使っているのは、以前、土橋さんに教えてもらったジェットストリームくらいですよ(笑)。これはホントに書きやすい。これでよく原稿の校正をしています。校正はデジタルではなく紙とペンのほうがいいですね。

次ページアイデアを練るときにはどうする?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT