仕事道具を減らすと、集中力がみなぎる

【特別対談】土橋正×本田直之(下)

土橋 ジェットストリームは、私も使っているよ。最近では海外でも手に入りやすくなっているように思う。この前、上海に行ったら売っていたし。

本田 少し前から取材をする仕事が増えて、取材するときは、ジェットストリームとモレスキンのノートを使ってますね。あとは、署名するときにマーカーを使うくらいかな。

iPhoneとEvernoteをメインにした仕事術

土橋 まったくのゼロベースから企画を考えたり、アイデアを練るときには紙を使わないの?

本田 使わなくなりました。アイデアや企画をメモするのもEvernote。iPhoneのタッチスクリーンで「フリック入力」をすると、ストレスなくメモできるんですよ。さすがに原稿を書くまではいかないけれど、メモ程度なら十分いける。

本田氏(右)は、iPhoneやiPadなどを駆使して、デジタル管理を貫く。対して、土橋氏(左)は手帳やカレンダーの「直感性」の効用を説く

土橋 紙と筆記具を使う利点はいくつかあると思うんだけど、まず、直感的にいろいろなものが書けるでしょ。デジタルデバイスに文字を入力するとなると、どうしても「フリック入力」などの変換が伴ってしまう。それで、私はいまだにアイデアや企画を練るときには、紙から離れられない。私の場合は、考えるときは直感性が欲しいので。

本田 確かに、iPhoneでフリック入力をするには、ある程度慣れる必要がある。慣れてしまえば、ほとんどストレスになることはないんですけどね。

土橋 そうすると、スケジュール管理もiPhoneがメイン?

本田 そうですね。手帳は使ってませんね。

土橋 タスクなんかも?

本田 iPhoneにもともと付随しているアプリでやってます。

土橋 確かに、スマホのスケジューラーとかは、ルーティンのスケジュール管理は便利だと思う。「毎週何曜日の何時には、これをしなくてはいけない」、といったスケジュールは、1度入力しておけば、何度も入力する必要がない。また、リマインダーも付いているので、つねに持ち歩いていれば忘れることも防止できる。

本田 タスクもリマインダーでわかるようにしています。

土橋 私は、ずっとスケジュール管理は手帳を使っているんだけど、手帳に書き込むことで、スケジュール全体を俯瞰して見ることができる、というメリットがあると思う。特に私が現在使っているマンスリータイプだと、ちょうどカレンダーみたいな感じになる。1カ月という長期のスケジュールが俯瞰できるのがすごく便利なんだよね。

私はスケジュール管理にも「直感性」を求めている。どういうことかと言うと、予定をチェックするときは頭の中で不要な「変換作業」はしないということ。カレンダーは、子供の頃から見慣れているので、見た瞬間に頭にスゥッと入ってくる。自分にいちばんなじんでいるツールを使うことで、予定を考えることそのものに集中できる。iPhoneのスケジューラーだと予定を俯瞰するのは難しいでしょ。その辺はどうなんだろう?

次ページ「計画を立てる」vs.「流れに任せる」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。